【オナ禁】1年間のオナ禁で得られる変化とは?

この記事では、オナ禁によるメリットや、それに伴う具体的な変化について詳しく解説します。「オナ禁の効果は実際どうなの?」といった疑問や、「正しいオナ禁方法を知りたい」という方に役立つ情報をお届けします。

通常のオナ禁とは?

笑顔でこちらを見つめる医者

下妻タイムリー打ったら1年間オナ禁してやるわ

— ゴッツ@6/4.5ハマスタ (@gottu_329) October 27, 2020

SNSやオンラインフォーラムを覗くと、オナ禁に挑戦している男性が非常に多いことが分かります。

しかし、誤った方法でオナ禁を続けてしまうと、逆効果になることを知っていますか?

さらに、オナ禁のメリットを正確に答えることができる人はどれくらいいるでしょうか。

そこで今回は、1~3週間程度にわたってオナ禁を行った際に得られる効果について詳しく解説します。

1~3週間程度

オナ禁を1〜3週間続けると、体内のテストステロン量が増加し、その結果として性欲や活力が一層高まることが知られています。

テストステロンは、男性の特性を象徴する重要な性ホルモンであり、これが増加すると多くのポジティブな変化が期待できます。

実際に、ある研究によれば、オナ禁を実践することで筋肉がつきやすくなるという報告もあります。

テストステロンを高めるのに効果的

1週間ほどオナニーを控えることで、テストステロンのレベルが上昇するとされています。

しかし、逆に一週間以上続けるとテストステロンが減少するという報告もあります。

このため、テストステロンを効率的に高めるためには、適度な期間、オナ禁を取り入れることが効果的だと言えます。

体調の向上につながる

テストステロンが増えると、筋肉量の増加や性機能の向上が期待できます。

さらに、テストステロンの増加は仕事や日常生活をより前向きに取り組む力を与えます。

それだけでなく、肌の状態が改善されたり、肝臓の機能が向上するなど、体調全般に良い影響を与える可能性もあります。

  • オナ禁を1週間から3週間続けることで、テストステロンの量が増え、性欲やエネルギーが大幅に向上します。
  • オナ禁は、効果的にテストステロンを高める手法として知られています。
  • オナ禁によりテストステロンが増加し、体調の改善も見込めるでしょう。

1年間オナ禁をすると

カルテを見ながら相談をする男女の医者

1000いいねで1年間オナ禁します。過去に挑戦しましたが89日で爆発しました。

※絶対に拡散しないで下さ pic.twitter.com/pAWPtWCHXJ

— Acのシゲさん (@acnosg3) June 6, 2020

SNSやネット上では、短期間のオナ禁に挑戦している人が多く見受けられます。しかし、1年間という長い期間にわたって実行すると、どのような影響が出るのか気になる人も多いはずです。

ここで一つ明らかにしておきたいのは、長期間のオナ禁には相当な覚悟と忍耐力が必要であるということです。

そこで、今回は1年間オナ禁を続けた場合にどのような変化が訪れるのか、さまざまな側面から掘り下げて解説します。

テストステロンには逆効果

一定期間のオナ禁止は、テストステロンの上昇に大いに貢献し、男性的な魅力や性欲の向上を促します。

しかし、オナ禁を長期間続けると、テストステロンのレベルが徐々に下がってしまうことがあります。

その結果、完全にテストステロンが消失するわけではないものの、気分が落ち込みやすくなり、テストステロンには逆効果をもたらすことが多いです。

異性に対して反応しなくなる

男性ホルモンであるテストステロンは、コミュニケーション能力にも大きな影響を及ぼします。

特にテストステロンのレベルが高まると、子孫繁栄を目指す生物的な本能から異性を引き寄せる能力が高まります。

しかし、テストステロンが大幅に低下すると、他人への関心が薄れコミュニケーション力が衰えることがあります。

その結果、異性への関心が減り、相手がどんなにアプローチしてきても反応が鈍くなることがあるのです。

性欲が低下する

性欲とテストステロンは深い関係があります。

テストステロンは異性を引きつけるフェロモンやドーパミンを生成し、性的興奮を促します。

そのため、テストステロンが減少すると性欲が大幅に低下する可能性があります。

  • 適度なオナ禁はテストステロンの向上に有効ですが、過度なオナ禁は逆効果です
  • 過度なオナ禁を続けると、異性に対して体が反応しにくくなる可能性があります
  • テストステロンが減少すると、性欲そのものを感じにくくなることがあります

オナ禁の成功は期間の長さではない

感謝に親身に寄り添う医者

知人の非モテ男子がオナ禁でテストステロンが上がるって噂を信じてたけど、あれは本当に眉唾ものだと思う。高校時代に一年間オナ禁したことがあるけど、逆に性欲が落ちて勃ちも悪くなった。外見にも特に変化はなかった。中星さんも同じようなことを言ってたけど、オナ禁はメリットがないと言える。

— SUIKUNNI (@Suikunni) September 13, 2020

オナ禁を行うなら、短期間で試みるのが良いと考えます。

長期的に続けることで得られる効果は、そこまで大したものではないでしょう。

今回は、オナ禁を長期間続けた際のデメリットをまとめました。これからオナ禁を始めようと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

長期間の禁欲は逆効果に

禁欲をすることはテストステロンの向上に役立つと言われていますが、実は短期間の禁欲がおすすめです。

長い期間の禁欲は、テストステロンの減少を引き起こすだけでなく、精神的な苦痛を伴うことが多いです。

そのため、禁欲する際は期間にこだわらず、明確な目標を持って取り組むことが大切です。

ストレスを招くオナ禁は逆効果

無理なオナ禁は、ストレスを引き起こすことがあります。

その結果、かえって逆効果となることも少なくありません。

一般的に、ストレスはホルモン分泌にとって大きな障害です。

特に、男性ホルモンであるテストステロンの減少を引き起こします。

こうしたホルモンの減少は、身体や精神に多くの悪影響を及ぼす可能性が高まります。

短期間のオナ禁を繰り返すことが効果的

短期間のオナ禁はテストステロンの増加を促し、一方で長期間続けると逆にテストステロンが減少します。

テストステロンの増加は多くのプラス効果をもたらします。

具体的には、ポジティブな思考を促進し、深い思索が可能になり、精神的にも強さを増すことが挙げられます。

その結果、オナ禁を実施する際には、短期間で繰り返す方法が最も効果的です。

  • 長期間の欲禁生活は、精神的に非常に辛いことがある
  • 過度のオナ禁はストレスを感じさせ、様々なマイナス効果を生む可能性がある
  • オナ禁をするなら、短期間のオナ禁を繰り返す方法が結果的に優れた選択となる

短期間のオナ禁であれば、多少のストレスを感じることがあっても、テストステロン増加によるプラス効果を享受できるでしょう。

一方で、長期間のオナ禁は身体に負担がかかり、ストレス過多によるマイナス効果が多いためおすすめできません。

TOP