【危険信号】オナニーのしすぎが肌荒れを引き起こす理由とは?

こちらの記事は次のような方々に向けて書かれています。

「オナニーと肌のトラブルって関係があるの?」

「オナニーは健康に良いのか悪いのか知りたい!」

オナニーと肌のつながりについて一緒に詳しく見ていきましょう。

過剰なオナニーが肌荒れを引き起こす理由

笑顔でこちらを見つめる医者

オナニーを全くしないのも不健康ですが、過剰に行うことも危険です。頻繁な射精は免疫力を低下させ、体の抵抗力を弱める可能性があります。後藤輝樹は皆さんに、不要不急のオナニーを控えるようアドバイスしています。外出できないからといって、無駄な射精をしないよう気を付けてください。誰もが言わないなら、私が声を大にして言います。

— 後藤輝樹 (@gototeruki) March 30, 2020

オナニーは一時的な快楽を提供しますが、過度に行うことは思わぬ弊害を生む可能性があります。

特に肌荒れなどのトラブルを経験したことがある人も少なくないでしょう。

今回は、なぜ過剰なオナニーが肌トラブルを引き起こすのかについて詳しく解説します。

腹部の皮脂過剰

オナニーを行うと、男性ホルモンの一種であるテストステロンが活発に分泌されます。

テストステロンは、筋肉の増強や毛髪の成長を促進する重要なホルモンです。

しかし、その一方で過剰分泌になると皮脂腺が刺激され、皮脂の生成が増加します。

これにより、顔や腹部が脂っぽくなり、肌荒れやニキビなどの原因になる可能性があります。

肌のバランスが崩れる理由

体内では常にホルモンがバランス良く分泌され、健康を維持しています。

しかし、過度のオナニーによってホルモンの過剰分泌が引き起こされ、そのバランスが乱れることがあります。

ホルモンには良い効果を持つものと悪い影響を与えるものがありますが、過剰なオナニーは良いホルモンの増加だけでなく、それを抑制しようとするホルモンの分泌も促進します。

このホルモンの不均衡が皮脂の過剰分泌を引き起こし、結果として肌トラブルの原因になるのです。

ミネラル分が不足する

性行為や自慰行為により精液が排出される際、体内の亜鉛も消費されます。亜鉛は精液の生成に不可欠なミネラルであり、射精のたびに約1~3mgが体内から失われるとされています。

若年男性の1日の亜鉛の推奨摂取量は約9mgですから、射精1回ごとにその20~30%を消耗しています。

さらに、亜鉛が不足することで免疫力の低下や、男性機能の一つである勃起不全(ED)のリスクが高まる可能性があります。

  • オナニーにより男性ホルモンが過剰に分泌されることで、顔やお腹周りが脂っぽくなることがあります
  • 頻繁なオナニーがホルモンバランスを乱し、体内の調整機能に影響を与える可能性があります
  • 繰り返しのオナニーで亜鉛などのミネラル分が不足するリスクがあります

肌荒れ以外の症状

カルテを見ながら相談をする男女の医者

オナニーはその快感から、つい夢中になってしまうものです。

インターネットで調べると、オナニーに関連する体調の悩みを抱えている人が多いことに気づきます。

今回は、オナニーが身体にもたらすさまざまな影響について、知識を深めるための解説を行います。

ニキビができやすくなる

射精は体力を大いに消耗するとされています。

エネルギー消費の観点から見れば、100mや200mの全力疾走並みのカロリーが消費されると言われており、射精後には倦怠感を感じることがあるのです。

また、栄養素の消費と体力の低下によって体調不良を引き起こすことがあり、それが放置されるとミネラル不足から肌荒れやニキビなどの肌トラブルに繋がる可能性もあります。

そのため、行為後には素早く栄養を補給することが重要です。

睡眠不足となりやすい

オナニーは、睡眠の質を低下させる原因であるストレスを減少させる効果があります。

ストレスはコルチゾール(通称ストレスホルモン)というホルモンの過剰分泌から生じますが、オナニーなどの性的満足がこのホルモンの分泌を抑える役割を果たします。

しかし、この効果が得られるのは適度なオナニーに限った話です。

オナニーは非常に快感を伴う行為であるため、依存に陥ってしまう人も少なくありません。

依存症となってしまうと、睡眠時間を削ってまでオナニーをすることになり、結果として寝不足に陥ることがあるのです。

抜け毛リスクが高まる恐れ

射精が抜け毛やハゲやすくなるリスクを高めると報告されています。

これにはいくつかの理由があります。まず、精液には多くの栄養成分が含まれており、射精によってこれらの栄養素が消費されるためです。

特に亜鉛は重要な成分で、髪の毛の主要成分であるケラチンの生成に必要です。亜鉛が不足すると、髪の健康に悪影響を及ぼす可能性があります。

さらに、射精は男性ホルモンであるジヒドロテストステロン(DHT)の増加を引き起こすとも言われています。このホルモンも脱毛に関与しています。

  • 射精によって体力が大幅に消耗し、ミネラル不足により肌荒れやニキビが発生しやすくなる
  • オナニーはストレス発散に効果的ですが、過度に行うと健康に悪影響を及ぼす恐れがある
  • 頻繁な射精がミネラルの不足を招き、抜け毛やハゲるリスクを高める可能性がある

適切なオナニー頻度は?

感謝に親身に寄り添う医者

適度な射精は、健康に多くのメリットをもたらします。

ただし、適切な射精回数が具体的にどれほどか悩む方も多いでしょう。実は、科学的に確立された回数の定義は存在しません。

そこで今回は、適切なオナニー頻度について詳しく解説します。

セックスも含め射精は3日から10日の間隔が理想的

射精の間隔に関する一般的な目安として、3日に1回が最適とされています。

これは、精子が貯蔵できる期間が約3日とされているためです。

また、オナニーを控えると、テストステロンのレベルが上昇することが確認されています。

ある研究によれば、約1週間オナ禁を行うとテストステロンのレベルが上昇し、その後は減少に転じることがわかっています。

したがって、射精の間隔は7~10日を上限と考えるのが良いでしょう。

オナニーが我慢できなくなった時の健康的な対処法

過度にオナニーを我慢すると、テストステロンの減少が引き起こされ、これが精力や筋力の低下につながる可能性があります。

さらに、オナニー欲求を抑え込むと、ストレスが蓄積されることにもなります。

したがって、オナニーが我慢できなくなった時には、無理なく実行することで心身の健康維持に役立つでしょう。

オナ禁による肌環境の向上

オナ禁を続けることで、体内に精子が蓄積されていきます。

この精子の主成分である亜鉛は、男性ホルモンであるテストステロンの代謝に不可欠な栄養素であり、さらに肌や髪の健康にも良い影響を与えることが知られています。

そのため、適度なオナ禁は肌の環境を改善し、男性機能の向上にも寄与すると考えられます。

  • 射精頻度は3日に1回が最適とされています
  • オナニーを過度に我慢しすぎると、テストステロンの量が減少し、精力低下や筋力低下のリスクがあります
  • オナ禁には肌や髪などの美容面にも嬉しい効果が多々あります

オナニー行為自体が一定のエネルギーを消費することを理解することが大切です。

オナニーの頻度は人それぞれですが、過度なオナニーは避けるべきです。

オナニーをするときは、自分の生活リズムに適した頻度を見つけて行いましょう。

TOP