オナニーはダイエットに効果がある?カロリー消費量を徹底調査!

オナニーでカロリーを消費してダイエットできるって本当?

実はセックスは有酸素運動と同等のカロリーを消費することが知られています。

さらに、オナニーでも同様にカロリーを消費できるため、痩せるためのサポートとして取り入れることが可能です。

「辛い運動は苦手だけどダイエットしたい」と思っている方には見逃せない情報です!

オナニーで消費されるカロリーの実態とは?

笑顔でこちらを見つめる医者

オナニーで実際にどれくらいのカロリーを消費できるのか、その実態を見てみましょう。

ジョギングのように体を激しく動かさなくても、オナニーである程度のカロリーを消費できると思うと、オナニーダイエットも一つの選択肢かもしれません。

ただし、1日に1回オナニーをするだけでは約60kcal程度の消費にとどまることが多く、この値だけでダイエット効果を期待するのは心もとないかもしれません。

さらに、早漏やすぐに果ててしまう人はオナニーの時間が短くなるため、消費カロリーも少なくなります。

もちろん、1日に何度もオナニーを行う場合は話が変わりますが、1回のオナニーでは十分なカロリーを消費することが難しい場合もあります。

オナニーダイエットは他のダイエット方法と比較すると、安定性に欠ける可能性があることを理解しておきましょう。

それでも、「1日2回オナニーを行う」ことで、消費カロリーを倍増させることが可能です。

また、1回のオナニーでも時間をかけることで、平均以上のカロリーを消費することも不可能ではありません。

できるだけ汗をかく方が消費カロリーも増えるため、オナニー中は激しい手の動きや強い性的興奮を心掛けると良いでしょう。

オナニーのカロリー消費量とその計算方法

カルテを見ながら相談をする男女の医者

オナニーによるカロリー消費量とその計算方法をご紹介します。

ここでご紹介する内容はあくまでも一般的な基準であり、必ずしも全ての人に当てはまるわけではないことをご理解ください。

女性は一般的に体重が軽いため、同じ行為を行っても男性よりカロリー消費量が少なくなる傾向があります。しかし、体重や体格によってこの限りではないことがありますので、あくまで目安としてご覧ください。

男性のオナニーにおけるカロリー消費量の計算方法は以下の通りです。

体重(kg)×0.0464×オナニー時間(分)

一方、女性の場合は以下の計算式を使用します。

体重(kg)×0.0464×オナニー時間(分)×0.87(補正係数)

これらの計算方法から分かる通り、男性と女性ではオナニーによるカロリー消費量が異なります。女性は体重が軽い分、カロリー消費量も減少するため、補正係数0.87が使用されています。

この補正により、女性は男性よりもカロリー消費量が少なくなるので、オナニーだけでダイエットを目指すのは難しいかもしれません。しかし、体重が男性と同じぐらいの女性は男性と同じくらいのカロリーを消費できる可能性もあります。

ただし、従来の補正係数を考慮した場合、女性がカロリー消費で不利になる点は変わらないということを念頭に置いてください。

オナニーで効果的にカロリーを消費するための注意点

感謝に親身に寄り添う医者

オナニーで効率的にカロリーを消費するための注意すべきポイントを紹介します。

まず、一般的にオナニーは手を使うことが多いですが、時には腰を使ってみることをおすすめします。

いつもと異なる動きに慣れるのに時間がかかるかもしれませんが、全身の動きを取り入れることで、快感が増し、カロリーの消費もアップします。

オナニーの頻度を増やすことで、消費カロリーも積み上がります。

そのため、1日のうちに何度かオナニーを行うか、1回の時間を延ばして実践してみてください。

具体的には、女性であれば30分以上、男性であれば20分以上の時間をオナニーに費やすと良いでしょう。

また、「潮吹き」を目指すこともカロリー消費には効果的です。

潮吹きを目指すためには、より強くかつ持続的な刺激が必要となります。

目標に向かってオナニーの時間が自然と延び、カロリー消費が増加する利点があります。

さらに、この過程で快感の向上や自分自身の体の開発にも寄与します。

ダイエットに加え、ペニスの成長も期待したい場合は、オナニーを活用してカロリー消費を促進してみるとよいかもしれません。

オナニーとセックスのカロリー消費量を徹底比較

夫婦の相談に丁寧に応える医者

オナニーとセックスにおけるカロリー消費量を比較してみましょう。

オナニー1回のカロリー消費量は「おおよそ60kcalから70kcal」です。

一方、セックスでは「30分間のセックスで70kcalから110kcal」を消費します。

具体的には、女性では平均70kcal、男性では平均110kcalとされています。

このデータを見ると、オナニーよりセックスの方が多くカロリーを消費するように見えますが、セックスは「相手が必要」な行為です。

そのため、手軽さの面ではオナニーは優れています。

もしセックスのパートナーがいるなら、オナニーよりも高カロリー消費が期待できるセックスを積極的に取り入れるのがおすすめです。

また、オナニーとセックスのカロリー消費量に共通しているのは、「女性の消費量が少ないこと」です。

ただし、体重や他の要素により変動するため、これらの数値は絶対的なものではありません。

オナニーやセックスも工夫次第で平均以上のカロリーを消費可能です。

例えば、長い時間行為を続ける、腰の動きを激しくするなどが効果的で、こうした工夫はセックステクニックの向上にもつながります!

さらに、オナニーでオナホを使用することで、挿入の練習もできます。

ぜひ挿入のテクニックを磨きつつ、カロリー消費も意識しましょう。

オナニーでカロリーを減らしてダイエット成功した人と挫折した人の違い

パソコン資料を見ながら上司の医者が部下の医者に教えている

オナニーでカロリーを消費してダイエットに成功した人とそうでなかった人の違いを解説します。

確かにオナニーでもある程度のカロリーは消費できますが、長時間行っても1日で消費できるのは最大でも100kcalから150kcal程度です。

このカロリー消費量だけで確実にダイエットができるわけではなく、特に体重を気にしている方にとっては、オナニーだけでは不十分であると認識することが重要です。

そのため、オナニー以外にも効果的なダイエット方法を取り入れる必要があります。

例えば、ジョギングや筋トレなどの運動を日常的に取り入れることがカロリー消費を促進します。

生活習慣やオナニーの方法を見直すことで、手軽に改善できる問題でもあるため、過度に心配する必要はありません。

さらに、「オナニーがダイエットに効果的だった」ことを感じにくいのも一因です。

多くの人はオナニーのような軽い運動ではダイエット効果を期待しにくいと感じており、そのため急に痩せた場合の原因が特定しにくくなっているのです。

オナニーのカロリーに関するまとめ

腕組みする男性医者とガッツポーズでこちらを励ます女性医者

ここでは、オナニーのカロリー消費について詳しく説明しました。

オナニーによるカロリー消費量はそれほど高くありませんが、日常的に少しずつカロリーを消費したい方には注目すべきデータです。

オナニーだけでなく、他の運動や食事計画と組み合わせることで、効率的なカロリー減少が期待できます。

TOP