後背位(バック)のコツとテクニック!痛み軽減の対処法も解説

今回は、後背位(バック)の正しいやり方や効果的なテクニック、そして痛みを感じたときの対処法について詳しく解説します。

非常にポピュラーな体位である後背位(バック)は、一見シンプルそうですが、実際には多くのコツがあります。

この体位をマスターするためには、基本的なやり方だけでなく、さまざまなテクニックと痛みを防ぐ方法も学ぶことが重要です。

後背位(バック)のやり方とコツ!

笑顔でこちらを見つめる医者

後背位(バック)の上手なやり方と、そのコツを詳しくご紹介します。

まず、後背位の基本姿勢ですが、女性が四つん這いになり、男性が後ろからペニスを挿入する姿勢を取ります。これが後背位の基本形で、他にもバリエーションがありますが、まずはこの基本形をマスターしましょう。

後背位は、ペニスを奥まで届かせやすい体位ですが、膣の入口からまっすぐ挿入することが重要です。女性の膣の入口が下向きになっていることが多いため、特定のペニスの形状によって挿入がスムーズになることも。

事前に女性の膣を十分に濡らしておくことはあらゆる体位に共通するポイントです。後背位の場合、ペニスと膣の形状が合わないと挿入が難しいため、特に重要です。

後背位の基本に従うことで挿入自体は簡単ですが、腰を動かすには少しコツが要ります。いきなり激しく動かすのではなく、徐々に動かして女性の膣を慣らすのが良いでしょう。また、前後左右にゆっくり動かすことでGスポットやクリトリスを効果的に刺激できます。

うまく動けない時や、挿入が難しい場合は、男性が上体を下げたり、女性が上体を起こしてみると良いでしょう。後背位に慣れた女性がリードして腰を動かすのも一つの方法です。

女性のGスポットをしっかり刺激して、充実した時間を過ごせるように工夫しましょう。

後背位(バック)の驚くほど効果的なテクニック!

カルテを見ながら相談をする男女の医者

後背位(バック)で活用できるテクニックを詳しく紹介します。

後背位(バック)は他の体位に比べて、愛撫が難しい体位です。

腰を動かすことに集中しすぎて、愛撫を忘れてしまうことが多いのも事実です。

しかし、愛撫で女性をじらしながら「早く動いて!」と感じさせることができれば、彼女の興奮度は一気に上がります。

後背位(バック)の基本をマスターしたら、さらに相手を興奮させるテクニックも覚えておくと良いでしょう。

例えば、四つん這いのバックでは結合部を見ることができます。

視覚的にエロティックに感じるなら、あえて見ない手はありません。

女性は男性の方を見れませんが、音を楽しむことはできます。

腰を激しく動かすと、パンッパンッという音が響きます。

腰を動かす音だけでなく、濡れている音を楽しむためには、後背位(バック)の前に十分な前戯をおすすめします。

腰を突き上げることで奥まで届くのがメリットで、逆にお尻に力を入れるとより力強くかき混ぜられる利点があります。

この2つの腰の動かし方は後背位(バック)で重要なテクニックですので、女性の反応を見ながら使い分けましょう。

後背位(バック)が痛い!と言われた時の対処法!

感謝に親身に寄り添う医者

後背位(バック)が痛い!と言われたとき、男性ができる具体的な対処法を紹介します。

まず、後背位(バック)の正しいやり方でも、痛みを感じる女性は少なからず存在します。

その場合、相性の問題と割り切り、過度に心配しないことが重要です。

痛みを和らげるためには、前戯を十分に行い、膣を十分に湿らせることが大切です。また、腰の動きを少し緩やかにし、激しいピストン運動を控えて、ゆっくりとしたセックスに切り替えるのも有効です。

前戯は後背位(バック)だけでなく、すべてのセックスで重要です。もし女性が「痛い!」と感じたら、その興奮が冷めるかもしれないため、注意が必要です。

十分に潤ったら、再度挿入を試みましょう。

ピストン運動を控える場合は、男性自身が満足できないかもしれませんが、お尻に力を入れて全体的にかき混ぜるような腰の動かし方を試してみてください。それで彼女が痛がらないなら、その動きをメインにするのが良いでしょう。

通常は前後左右に動かすのが後背位(バック)のコツですが、女性が痛みを感じるなら、その限りではありません。

後背位は正しく挿入さえできていれば奥まで届かせやすい体位なので、過度に力まず、お互いリラックスすることも重要な対処法です。

後背位(バック)のやり方にはバリエーションがたくさん!

夫婦の相談に丁寧に応える医者

後背位(バック)は、実に多彩なバリエーションが存在します!

その一部をご紹介します。

一般的な後背位(バック)としてよく知られているのは、四つん這いバックの体位です。これは多くの人が一度は試したことがある基本的な体位です。

さらに新しい体位を楽しみたい場合、女性が四つん這いの姿勢を少し変えたり、男性が挿入角度を工夫することがポイントです。

特にオススメなのが寝バックです。寝バックは、奥まで挿入しやすく、女性がうつ伏せで足を閉じるため締まりが良くなります。これにより、両者が快感を共有できる体位です。また、身体が密着することでより親密な感覚を味わえます。

どの後背位(バック)も基本的には後ろからの挿入ですが、通常の後背位(バック)に比べて男女がより密着しやすい特徴があります。

立ちバックは、足を軸に腰を自由に動かすことができるため、よりエネルギッシュな動きを楽しめます。

さらに、わんわんスタイルや上体起こしバックは、女性が体勢を変えることで新たな快感を見つけることができる体位です。知らず知らずのうちに試していることもあるかもしれません。

後背位(バック)を試している最中に、他のバリエーションに切り替えるのも容易です。「後背位(バック)だと動きづらい」と感じた場合も、スムーズに他の体位に変更することで、快適さを保ちつつ新たな刺激を楽しむことができます!

後背位(バック)のコツと対策!

パソコン資料を見ながら上司の医者が部下の医者に教えている

後背位(バック)に苦戦することありませんか?そんな方のために、後背位(バック)をスムーズに楽しむためのポイントをご紹介します。

まず、後背位(バック)の動作にトライしても難しく感じる場合、もしかするとあなたやパートナーの性器の形がこの体位に適していないかもしれません。

後背位(バック)では女性が四つん這いのポーズとなるため、挿入位置は通常よりも低くなります。

この状態だと、特に上向きに反っているペニスは後背位(バック)と相性が悪くなりがちです。

さらに、女性の膣が上の方についている場合も、挿入位置が低くなることで上反りペニスとの相性がさらに悪くなることがあります。

また、左右に曲がっているペニスの場合も、真っすぐに挿入するために角度調整が必要となり、難易度が上がることがあります。

このような角度調整が必要なケースでは、思ったようにスムーズな挿入ができないことが多いです。

さらに、膣が十分に濡れていない場合、どの体位も楽しくないものになります。特に後背位(バック)の際には、挿入前の愛撫が非常に重要です!

後背位(バック)にこだわりすぎず、他のバリエーションを試すのも一つの手です。例えば寝バックでは、ペニスの反り方に関わらず膣に滑り込ませるように挿入できるため、比較的挿入しやすいとされています。

実際、多くの女性が後背位(バック)よりも寝バックを好むことが多いのでぜひ試してみてください。

後背位(バック)のリアルな体験談!

腕組みする男性医者とガッツポーズでこちらを励ます女性医者

今回は、後背位(バック)という体位に関するリアルな体験談をお届けします。

男性にも女性にも人気のあるこの体位、これから試したいと考えている方にも参考になる情報が満載です!

後背位(バック)の技術を学んで、実際に女性とセックスしてみた経験についてご紹介しましょう。

自分はペニスのサイズにあまり自信がないため、より奥まで挿入できるこの体位に興味を持ち、やり方を詳しく調べました。

挿入までが少し難しかったものの、一旦挿入できると、ほんの少し腰を動かすだけで奥まで届く感覚が得られました。

その後は、女性が痛がらないポイントを見極めながら腰を動かすだけで、双方が快感を得られるようになりました!

(23歳・フリーター男性)

後背位(バック)が大好きな男性とセックスしたことがあります。

その男性は後背位のやり方に精通しており、私自身はあまり経験がなかったのですが、彼のリードで終始安心して楽しめました。

彼が主導権を握って、彼の腰の動き一つで強烈な刺激を受けたのを今でも覚えています。時には激しく、時には不規則に動かされ、その刺激が本当に気持ち良かったです。

これを機に私も後背位のテクニックをもっと勉強したいと思いました!

(20歳・大学生女性)

後背位(バック)のやり方についてはほとんど知識がありませんでしたが、彼女に勧められて挑戦することにしました。

結果は大成功でした!

挿入が非常にスムーズで、彼女も十分に濡れていたため、腰を動かすのもとても楽でした。

自分は早めに射精してしまいましたが、驚くことに彼女も同じタイミングで中イキを達成していました!

(26歳・会社員男性)

後背位(バック)のやり方のまとめ

窓の外をみながら考え事をする男性医者とそれを見つめる女性医者

今回は、後背位(バック)の具体的な方法を詳しくご紹介しました。

TOP