【プロ推薦】効果抜群の増大サプリBEST3|2022年5月最新情報

増大サプリに精通した私たちが「ベストチョイスの最強増大サプリ」をご提案いたします!

おすすめ増大サプリ一覧

笑顔でこちらを見つめる医者

効果抜群の増大サプリをご紹介します。これまでの実績と口コミに基づいた選りすぐりのアイテムを見てみましょう。

①ヴィトックスα 2箱で14,080円(7040円/箱)

ヴィトックスαは、私の中で常にトップの増大サプリです。

私には非常に効果があって長く愛用しています。

一箱あたり僅か7,040円という価格も魅力です。初心者の方にもおすすめです。

主成分の違いはほとんどない

実際のところ、多くの増大サプリは主要成分として「シトルリン」と「アルギニン」を含んでおり、その成分の違いはわずかしかありません。

ポイントとなるのは、「配合量」、「安全性」、そして「価格」です。

例えば、ヴィトックスαは高い市場シェアを誇り、GMP認定の工場で製造されているため、その安全性は信頼できます。加えて、成分の配合量が最大限であり、価格も手頃です。

コスパ最強ヴィトックスα

ヴィトックスαは、一箱あたり7,040円とリーズナブルな価格で提供されています。

実際、同類のサプリメントと比較しても、その価格は約4~5割お得です。

コストパフォーマンスに優れたこのアイテムが、私の決め手となりました。

増大効果は…察してください!

増大効果に関して具体的な数字は、薬事法の問題があるためお伝えできません。

しかし、増大サプリの達人として、現在ヴィトックスα以外には手を出していないことから、その効果に心から満足しているのは確かです。

この点から、察していただけると幸いです。

初めての増大サプリにはヴィトックスαを推奨

増大サプリを初めて試す際には、ヴィトックスαが最良の選択です。

数ある中でも特に価格が手ごろで、知名度も高いのが特徴です。

まずこれを試して効果が感じられなければ、シトルリンやアルギニンが体に合っていない可能性があるので、別の増大方法を検討してみましょう。

ヴィトックスαのお得なキャンペーン情報

現在、ヴィトックスαでは一箱無料キャンペーンが実施されています!

通常価格が7,000円台と比較的リーズナブルで、他の商品に比べて圧倒的にお得です!!

増大サプリ知名度No.1

日本国内で最も高い認知度を誇る増大サプリといえば、誰もが知るヴィトックスαです。

国内GMP認定工場

厳格な品質基準に基づいた信頼の製造。

一箱7040円!驚異のコストパフォーマンス

ヴィトックスは一箱14,080円ですが、1箱購入するともう1箱が無料で付いてくるため、実質的には一箱7,040円という驚きのリーズナブルな価格です。

信頼性が高く広く認知されているこのサプリメントは、コストパフォーマンスも抜群で、初めて増大サプリを試す方にぴったりの選択肢です。

②ヴォルスタービヨンドブラスト/Volstar Beyond BLAST:12,800円

次に紹介するのはヴォルスタービヨンドブラストです。

この製品はヴィトックスよりも少し高めですが、本気でサイズアップを目指している方に最適です。

さらに、永久返金保証も付いており、安心してお試しいただけます。

主要成分が豊富

L-シトルリン1043mg、L-アルギニン421mg、亜鉛12mgを贅沢に配合した高成分サプリメント!

濃縮還元は一切行っていません。

高品質を保証するGMP認定工場製造

特許成分「アストラジン」を含有

スポーツ選手が選ぶ原材料。

原料の黄花黄耆(キバナオオギ)は、古くから中国で漢方薬として珍重されてきました。

初回購入分永久返金保証

初めての購入に不安を感じる方もご安心ください。

購入後6ヶ月以内であれば、無条件で返金対応いたしますので、時間をかけてじっくりお試しいただけます。

3箱以上購入で1箱プレゼント!

大量購入でお得に!一箱無料がついてくるので、コストパフォーマンス抜群です。

\ 無料キャンペーンはこちら /

1箱購入ごとに1本おまけ!

安心の永久返金保証付き!

増大サプリを選ぶ際のポイント

カルテを見ながら相談をする男女の医者

増大サプリはよく知られているものだけでも10〜15種類あり、無名のものを含めるとその数は100種類にも及びます。

しかし、しっかりと吟味すると多くの製品が信頼性に欠けていることがわかります。

多年にわたり増大サプリの研究に取り組んできたデカチン研究所の所長として、以下の3つの点に注目することを推奨します。

  • 成分配合量の確認(実際の換算数値に注意)
  • 安全性の確保(GMP認定工場で製造されているか)
  • コストパフォーマンスの確認(価格に見合った品質か)

これらのポイントについて順を追って説明していきます。

1.成分の配合量で比較

増大サプリの効果は、含有成分とその含有量に大きく依存します。

どんな成分が、どれだけ入っているかによって、そのサプリメントの価値が決まるのです。

増大サプリによく含まれる主な成分

国内で人気のある増大サプリには、以下の成分が主に含まれています。

代表的な成分
・L-シトルリン
・L-アルギニン
・亜鉛
・マカ
・クラチャイダム
・ランペップ

特に多くの製品で見られるのは、L-シトルリン、L-アルギニンという必須アミノ酸と、男性向けサプリではよく知られている亜鉛の3つです。

増大サプリを選ぶ際は、これら3つの成分の含有量と品質に注目して比較することが重要です。

実際の配合量を比較

サプリ名 L-シトルリン L-アルギニン 亜鉛 値段
ヴォルスター・ビヨンド・ブラスト 1043㎎ 431㎎ 12㎎ 12,800円
ガガドラス 6000㎎(生換算) 900㎎(生換算) 120mg(生換算) 12,800円
ヴィトックスα 非公開 非公開 非公開 7,040円
ブラビオンS 3000㎎(濃縮) 300㎎ 10㎎(実数) 12,800円
ペニブースト 1000㎎(濃縮) 300㎎ 22.5㎎(生換算) 12,500円

こうして表を眺めると、ガガドラスの成分量が群を抜いて多いように見えることが分かります。その一方で、一部の成分は生換算数値である点に注意が必要です。

具体的な含有量が記載されたサプリを選ぼう

サプリメントを選ぶ際には、具体的な含有量が明示されているものを選ぶことが大切です。

正確な含有量がそのまま記載されていれば、信頼性が高く、製品の品質や誠実さを感じられます。

具体的な数値がしっかりと表示されているサプリメントの一例としては、ヴォルスター・ビヨンド・ブラストがあります。

生換算サプリは信頼性に欠ける

一部のサプリメント、例えばガガドラスやペ二ブーストは「生換算」として表示されています。

しかし、この生換算は信頼できるものではありません。

生換算の数値は亜鉛の含有量の例でよく分かります。

・亜鉛10㎎(実数値) = 亜鉛が純粋に10㎎含まれている

・亜鉛10㎎(生換算) = 牡蠣の微量成分として10㎎含むことを意味する

これが全く異なる意味合いを持つことがご理解いただけるでしょうか。

生換算の実際の成分量は、原料にその成分がどれくらい含まれているかによって大きく異なります。しかし、その割合や詳細は一切公開されていません。

したがって、生換算された数値からは正確な成分量を推測することは不可能です。

濃縮換算サプリのリスクとは

次に、ブラビオンSやペニブーストの濃縮換算表記について触れます。

近年、この濃縮換算表記が増加傾向にあります。

厚生労働省や医師会は、濃縮されているサプリメントに過剰摂取のリスクや、長期間の摂取による腎臓や肝臓への負担がかかる可能性について警告しています。

ヴォルスター・ビヨンドのコメント

ヴォルスター・ビヨンドは、実際の配合数値にこだわり、そのこだわりを反映したコメントを公開しています。

「Volstar Beyond BLASTは製品の濃縮還元を一切行っておりません。当社の製造工場では、L-シトルリンやL-アルギニンのような粒子状のアミノ酸をさらに濃縮することは技術的に困難です。この手法に対しては非常に懐疑的であることが確かです。したがって、我々の製品は原料そのままの状態で配合することに重点を置いています。」

の見解

濃縮サプリを長期間摂取することには懸念があります。

サプリメントとして販売されている時点で、原材料から有効成分が抽出されています。

さらに濃縮還元されると、本来の「食品」としての形から大きく乖離してしまうことになります。

増大サプリを長期間服用する場合、より自然に近い素材を選ぶことが重要です。

2.安全性が高い

配合量と同じく、安全性の確保も非常に重要です。

以下のような高い基準を満たした工場で製造されているかどうかを確認することが重要です。

GMP認定

GMP規格は、厚生労働省の「健康食品GMPガイドライン」に基づいている工場に付与される品質保証の標準です。

GMP認定工場で製造された製品には、信頼の証であるGMPマークが表示されています。

サプリメントを選ぶ際には、GMPマークが確認できるものをおすすめします。

HACCP

HACCPは宇宙食の安全性を確保するためにアメリカで生まれた食品衛生管理のシステムです。特にアメリカ製のサプリメントを選ぶ際には、HACCP認証をチェックすると良いでしょう。

3.コスパの良い製品を選ぶ

増大サプリは、少なくとも3か月から、それ以上にわたり継続して飲むことが一般的です。

したがって、価格は非常に重要な要素となります。

コスパを評価する際のポイントは以下の通りです。

1日あたりのコストで比較

製品ごとにひと箱に入っているカプセルの数は異なります。

たとえひと箱の価格が安くても、カプセルの数が少ないと結局割高になります。そのため、1日あたりのコストで比べるのが最も確実です。

キャンペーンを活用する方法

ヴィトックスαには「1箱買うごとに1箱プレゼント」といったお得なプロモーションがあります。

その結果、実質的に1箱の価格が半分になり、継続しやすくなります。

増大サプリの副作用

感謝に親身に寄り添う医者

増大サプリはあくまで健康食品であり、医薬品ではないため基本的には副作用の心配はありません。

とはいえ、必要以上に摂取すると何らかの副作用が発生する可能性がありますので注意が必要です。

勃起薬を含むサプリがもたらす危険

過去から現在に至るまで、シルデナフィル(バイアグラのジェネリック)を含む健康被害の事例が後を絶ちません。非常に注意が必要です。

この成分を含むサプリを服用した場合、勃起力が向上するため「効果的なサプリ」という印象を受けますが、実際にはバイアグラ成分を摂取していることになります。

特に心臓疾患や高血圧の方にとっては、深刻な健康問題を引き起こす恐れがあります。

アレルギー

最近注目されているのが、サプリメントによるアレルギー反応の増加です。

特に天然成分が原因となるケースが多く、これまでにロイヤルゼリー、コリアンダー、ウコン、エキナセア、ゼラチン、プロポリスザクロなどの一般的な成分でアレルギー報告があります。

増大サプリ市場では、各メーカーが成分の多様性を競い合っており、以前は30種類程度だった成分数が、現在では100種類を超えて200種類近くに達することもあります。

アレルギー反応が現れた場合は、すぐに使用を中止してください。

増大サプリを飲む最適なタイミング

夫婦の相談に丁寧に応える医者

増大サプリは薬ではなく栄養補助食品の一種なので、基本的にはいつ飲んでも問題ありません。

重要なのは、一日の中で飲む時間を一定に保つことです。

特定の成分が体内で安定して働くためには、毎日同じ時間に摂取することが望ましいです。

多くの増大サプリには亜鉛が含まれていますが、亜鉛は他のミネラルと一緒に摂取すると吸収率が低下することがあります。亜鉛を効率よく吸収するために、他のサプリメントとは別に摂取することが推奨されます。

例えば、夕食前に飲む習慣をつけるのも良いでしょう。

増大サプリの効果は本当なのか?

パソコン資料を見ながら上司の医者が部下の医者に教えている

結局、みなさんが一番知りたいのはこのポイントですよね。

「結局、どの増大サプリが本当に効果があるの?」

と書きたい気持ちは山々ですが、それについて明言することはできません。

なぜなら、増大サプリは医薬品ではないため、その効果を直接示すことができないのです。

「このサプリを使ってこんな効果があった!」という具体的な体験談も、法律上は言及できません。

お伝えできることは次の二点です:

①増大サプリには、男性にとって有用な成分が含まれていることが多い。

②だからこそ、成分の品質と配合がしっかり管理されている製品を選ぶことが重要です。

この点を踏まえて、慎重に選ぶ必要があります。

海外製増大サプリの注意点

腕組みする男性医者とガッツポーズでこちらを励ます女性医者

海外製の増大サプリは国産品と比べて、成分が多く含まれていて効果が高そうに見えるのではないでしょうか?

このような質問をよく受けます。

iHerbなどの海外通販サイトを見ていると、多種多様なサプリメントが並んでいて目を引きますよね。

結論として、海外製ならば、特にアメリカ製のものが安心です。

それが真実です。

アメリカのサプリメント工場は日本よりも厳密な規制下にある

あまり知られていないですが、アメリカのサプリメント製造工場の基準は日本に比べて非常に厳しく設定されています。実際、世界でも最も厳しい基準との声もあります。

FDA(米国食品医薬品局)が規制を担当しており、その厳格さで広く知られています。

項目 アメリカ基準(cGMP) 日本基準(GMP)
ガイドライン 5ページ 815ページ
栄養素成分の検査 法的義務 任意
崩壊性試験 必須 なし
認定機関立ち入り検査 政府機関(FDA)による検査 なし
GMP認可以外の販売 不可

日本の基準はアメリカの基準を元に策定されていますが、その厳しさには大きな違いがあります。アメリカ製サプリメントは、安全性の面で優れていると言えます。

個人輸入がベストな選択

実際、アメリカと日本では使用を認められている成分に違いがあります。そのため、アメリカ製のサプリメントをそのまま日本国内で販売することは不可能です。

アメリカのサプリメントを試してみたいなら、個人輸入を行うしか方法はありません。

情報量が圧倒的に少ない

ここで一つ大きな問題が浮上します。

「どのサプリが最適なのか、情報が非常に乏しい」

実際のところ、アメリカには「増大サプリ」というカテゴリーが存在しません。

精力を高めるための強壮剤か、男性の健康を支えるマルチビタミンなどが主流です。

よく調べてみると、ほとんどの成分は一般的なサプリメントに含まれている栄養素であることが判明します。

これらは「健康サポート」を目的に設計されており、「増大」を目的としていないことが明らかです。

アメリカ以外のトラブル

アメリカ製のサプリメントでさえ控えた方が良いと考えるのに、他の国の製品はさらにおすすめできません。

その理由は明白です。海外産のサプリメントには意図せず薬物が混入しているケースがあり、それが原因で健康被害が続出しているからです。

タイのサプリで報告された死亡事例

タイ産ダイエットサプリに関する警告です。

過去には、タイ産のダイエットサプリに精神安定剤やホルモン剤が含まれていたため、複数の死亡事例が発生したことが確認されています。

増大サプリに潜むED薬のリスク

特に中国産のサプリメントには、勃起薬であるシルデナフィルが混入していたケースが報告されています。この種の問題は繰り返し発生しており、今後も注意が必要です。

シルデナフィルを心疾患や高血圧の方が服用すると、不整脈などの深刻な健康被害を引き起こす可能性があります。

加えて、ED薬は日常的に摂取することを想定しておらず、サプリメントにシルデナフィルを加える行為がいかに危険であるかが分かるでしょう。

TOP