【増大】グローミンで本当にペニス増大できる?効果と概要まとめ

この記事は・・

「グローミンの増大効果について詳しく知りたい!」

「グローミンとはどのような薬なのか?」

と気になる方向けにお届けします。

プロとして、他では得られない詳しい情報をお伝えします。

グローミンは医薬品軟膏

笑顔でこちらを見つめる医者

男性ホルモンの一種であるテストステロンを増加させる効果が期待される医薬品軟膏、グローミンをご存知ですか?塗るだけでテストステロンを増やせると聞くと、試してみたくなる方も多いでしょう。しかし、それだけで本当に効果があるのか気になるところ。今回、グローミンの実際の効果について詳しく調査しました。

グローミンとは

グローミンは、主成分に男性ホルモンであるテストステロンを含む医薬品の軟膏です。100グラムのチューブにテストステロンが1グラム配合されています。

グローミン効果

グローミンにはテストステロンが直接配合されており、皮膚に塗布することで効果を発揮します。これは体内で別の物質からテストステロンに変換されるものではないため、使用方法には十分な理解と注意が求められます。

副作用

体は外部からテストステロンを補充すると、自らの生産を抑制するリスクがあります。これはホルモン産出のネガティブフィードバックと言われるもので、体内のホルモン環境を一定に保つホメオスタシスの一環です。塗り薬でホルモンを補うと、体内に充分なホルモンが存在すると脳が判断し、ホルモン分泌が停止する可能性があります。

まとめ

  • グローミンは、男性ホルモンのテストステロンを有効成分とする軟膏タイプの医薬品です。
  • グローミンは、ホルモンを補給するものであり、体のホルモンバランスに直接影響を与えるものではありません。
  • 副作用として、体自身のホルモン生成が抑制されるリスクがあります。

グローミンの効果

カルテを見ながら相談をする男女の医者

グローミンは、男性ホルモンであるテストステロンそのものです。では、このグローミンの具体的な効果について詳しく見てみましょう。グローミンの購入を考えている方にとって、貴重な情報となるはずですので、ぜひご参考にしてください。

グローミンの効果

グローミンは、男性ホルモンであるテストステロンを供給する医薬品です。
体内にテストステロンを補充することで、精力の向上や勃起力、性欲の低下などに改善効果が期待できます。

長時間有効

クリニックで行われるホルモン補充療法としては、錠剤の服用や注射が一般的です。これらの方法は即効性があり、効果も高いのですが、一時的に血中ホルモン濃度が急上昇し、その後急速に低下することが多いです。一方で、グローミンは皮膚からゆっくりと吸収されるため、ホルモンバランスが急激に変動することなく、安定した効果をもたらします。

低リスクの利点

代謝が行われる際に、体に与える負担が比較的少ない点も大きなメリットとなっています。
錠剤や注射で摂取されるテストステロンは、全身に行き渡る前に肝臓で代謝されるため、体に負担をかけることが多いです。
一方、塗り薬の場合、有効成分が皮膚を通して血管に入り、直接血液に乗るため、肝臓にかかる負荷が軽減されます。

総括

  • グローミンは体内に直接補給することで、精力、勃起力、性欲の低下などを改善する可能性がある
  • 塗布したグローミンは、皮膚からゆっくりと吸収され、長時間にわたって効果を発揮する
  • 錠剤や注射と比較して、肝臓に対する負担が非常に少ない

グローミンの使い方

感謝に親身に寄り添う医者

袋に塗る、そんな方法が昔からあったのですね。最初にお医者さんに話を聞いて驚きました。

— 言うだけ班長 (@iudakehancho) May 15, 2019

グローミンは手軽に使用でき、その効果を直ちに感じることができる塗り薬です。しかし、使用する際にはいくつかの注意点が存在します。ここではグローミンの正しい使い方について詳しく解説しますので、これから使用を予定している方はぜひ参考にしてください。

使い方

使用方法はとても簡単です。グローミンを10日間から2週間、毎日陰のう部に塗るだけです。これにより、男性ホルモンを効果的に補充し、勃起力の低下や性欲の減退への対策として期待できます。

塗る場所

グローミンを使用する際は、目やその周囲、粘膜、陰茎の先端部分には塗布しないように注意しましょう。また、傷口や炎症、湿疹、ただれ、化膿がある箇所に塗ると症状が悪化する可能性があります。そのため、陰のう部への塗布が推奨されます。

注意点

もし1ヶ月ほど使用しても症状が改善されない場合、それは体質に適していない可能性があります。また、使用後に塗布した部位に発疹やかゆみ、かぶれといった異常が現れた場合は、直ちに使用を中止し、医師や薬剤師に相談しましょう。

まとめ

  • グローミンの使用方法は、陰のう部に10日から2週間連続して塗布するだけです。
  • グローミンは、目やその周辺、粘膜、陰茎の先端には塗らないようにしましょう。
  • グローミンを使用しても症状の改善が見られない場合や、塗布部位に異常が出た場合には、使用を中止して医師や薬剤師に相談が必要です。

グローミンにペニス増大効果はあるのか?

夫婦の相談に丁寧に応える医者

グローミンの効果には、精力増強や勃起力の向上、性欲減退の改善などが期待できます。しかし、ペニスの増大効果があるかどうか気になる方もいらっしゃるでしょう。そこで、グローミン使用による具体的な効果についてさらに詳しく調査しました。

期待効果

年齢とともに男性ホルモンの分泌が減少し、勃起力が低下することがありますが、グローミンを使用することで勃起の改善が期待できます。ただし、グローミンはペニスのサイズ増大効果をもたらすものではありません。

即効性

グローミンは主に男性ホルモンを補充するためのもので、筋肉の衰えや動脈硬化を即座に改善するわけではありません。そのため、バイアグラのような即効効果は期待できません。また、ペニス増大効果も見込めません。

塗布する場所

グローミンを塗る場所として推奨されるのは、陰のう部分です。この部位は吸収率が高く、効果的にテストステロンを補充できます。しかし、グローミンを使用してもペニス増大の効果があるという科学的な証拠はありません。

まとめ

  • グローミンの使用で勃起力の向上が期待できますが、ペニス増大の効果は確認されていません。
  • グローミンは即効性はなく、ペニス増大を目指す薬ではありません。
  • 塗布する場所として陰のう部分が推奨されますが、これもペニス増大を目的としたものではありません。

グローミンについての調査によると、ペニス増大の効果は確認されていませんが、精力増強や勃起力、性欲低下の改善には効果を発揮する可能性があります。これらの症状に悩む方には有効な医薬品軟膏となり得ます。

TOP