中学生のちんこはどれくらい?包茎でも問題ない?

この記事は、

「思春期の男性器が気になる」

「中学生の成長過程の男性器ってどういう状態なの?」

という疑問をお持ちの方に向けた内容です。

成長期の男性器について、専門的な視点で詳しく解説します。

中学生の性器は発展途中にあります

笑顔でこちらを見つめる医者

思春期を迎えると、男女ともに性への関心が急速に高まります。

男性は女性の体に興味を持ち、女性は男性の性器に興味を示すことが一般的です。

今回は、そんな興味を持つ方々のために、男子の思春期における性器の発達について取り上げます。

最も急激な成長を遂げる時期

思春期は第二次成長期と呼ばれ、男性ホルモンであるテストステロンの分泌がピークに達する時期です。

このホルモンの働きにより、身長が伸び、筋肉が発達し、顔つきも大人のものへと変わっていきます。また、性器の成長も著しいです。

つまり、人生の中で最も劇的な変化を遂げる時期がこの思春期なのです。

どのくらいの大きさなのか?

男子中高校生たちは、しばしば他人と自身のペニスの大きさを比べることがあるでしょう。自分が標準的なサイズなのかを気にしがちな年頃です。

統計によると、一般的に16~20歳のペニスの平均的な大きさは約7.3cmであり、最小は6cm、最大は9.3cmです。

興味深いことに、最も大きいとされる年齢層は26~30歳で、平均的なサイズは7.8cm、最小は4.7cm、最大は11.4cmとなっています。

勃起しやすく敏感な思春期のペニス

思春期にはペニスが非常に敏感で、勃起しやすくなります。ほとんどの男子が仮性包茎となり、ペニスが皮に守られているため、外部からの刺激にとても弱いです。

初めて亀頭が露出したとき、その敏感さに驚いたという経験は多くの男性に共通するでしょう。

  • 中学生は男性ホルモンであるテストステロンの分泌が盛んで、ペニスの成長が進行中です。
  • 男子中高校生のペニスの平均長さは約7.3cmです。
  • 思春期になるとテストステロンの影響で勃起しやすくなり、感度もさらに敏感になります。

中学生における包茎は問題ない?

カルテを見ながら相談をする男女の医者

中学生にとって、大人へと成長する目安となるのが、体の変化です。特に陰毛が生えたり、包皮が自然にむけたりすることは、その一つの指標と言えるでしょう。

しかし、現実には陰毛が生えていても包皮がむけていない、いわゆる包茎の状態の学生も少なくありません。

そのため、これらの変化が遅いことに悩んでいる中学生もいるかもしれません。今回は、中学生の包茎に焦点を当て、その実態や対処法について詳しく解説していきます。

徐々に剥けていく

ある調査によれば、中学3年生の時点で皮が剥けている男子の割合は55%程度であることが判明しています。

高校に進学すると、この割合は75%に増加し、逆に包茎の割合は25%に減少します。

これらのデータからも理解できる通り、年齢が進むにつれて、自然に皮が剥けていくケースが増えるのです。

勃起時に亀頭が露出できれば問題はない

軽度の仮性包茎の場合、通常時には包皮が亀頭を保護していますが、手で容易に剥くことが可能です。

加えて、勃起時にも問題なく皮を剥くことができ、その際に痛みを感じることもほとんどありません。

したがって、ペニスが必要なときに露出できる状態であれば、大きな問題はないのです。

しかし、重度の仮性包茎になると皮を剥くことが難しくなるため、包茎手術を検討した方が良いでしょう。

包茎の状態は恥垢が溜まりやすく不衛生になりやすいので、痒みや不快な匂いの原因になる可能性があります。

さらに、性病に感染しやすくなるリスクも高まるため、普段からできるだけ剥けている方が健康維持には望ましいです。

敏感なちんこを剥くのに躊躇する理由

皮が被ったちんこは、パンツと擦れただけでも痛みを感じ、亀頭が何かに触れるとすぐに反応してしまいます。

このような状態だと、ちんこが非常に敏感になっているため、皮を剥くことにためらいを感じることがあるでしょう。

これはもしかしたら亀頭が敏感すぎる亀頭過敏症かもしれません。

こうした症状を早期に見つけるためにも、早めに皮を剥く練習をすることが大切です。

  • 中学3年生でのちんこが剥けている人の割合は50%以上
  • 中学生であれば、勃起時に亀頭が露出していれば問題ない
  • 中学生のちんこは亀頭が剥き出しになることに慣れていないため、早めの練習が重要

中学生のうちに包茎を防ぐための習慣作りが重要

感謝に親身に寄り添う医者

剥き癖付けようとしてパンツの中で皮向いたら亀頭がちょっと擦れた刺激でズボンから溢れるレベルのおもらし射精をしてしまう超絶倫包茎巨根DK

— ゆちき (@mukomu_komuko) February 10, 2020

最近、包茎の悩みを抱える中学生が増えてきています。

このような場合、早期の習慣作りが包茎を防ぐために効果的な方法となり得ます。

そこで今回は、中学生が包茎を回避できるような日常生活の習慣について詳しく解説します。悩んでいる方はこの記事を参考にしてください。

癖付けで包茎を予防しよう

包茎の予防には、剥き癖を付けることが勧められています。

剥き癖を付けるアプローチには、仮性包茎向けと真性包茎・カントン包茎向けの2つのパターンがあります。

仮性包茎の場合、包皮を剥いた状態を維持することで、包皮が自然に被らなくなるようにします。

対して、真性・カントン包茎の場合は、剥きにくい包皮を徐々に剥けるようにする手法が用いられます。

亀頭の露出時間を徐々に延ばす

日常的に皮を剥いて、亀頭が露出している状態に体を慣れさせることが重要です。

この習慣を続けることで、包皮が自然に剥けた状態を保ちやすくなり、結果として包茎が改善されやすくなります。

可能であれば、皮を剥いたままで日常生活を問題なく送れるようにすることが理想的です。

勃起時には皮をかぶせずにトレーニング

勃起した時のペニスは特に敏感になっているため、刺激に対する耐性をつける意味でも、なるべく皮をかぶせないようにすることが大切です。

そのため、皮が被っている場合は手でむき、これを繰り返すことでむき癖をつけるよう心がけましょう。

ただし、この方法はかなり時間がかかる上に、本当にむき癖がつくかは確実ではないという課題もあります。

  • 包茎防止のためにはむき癖をつけることが有効です。
  • 日常的に皮を剥いで亀頭を露出させ、体を慣れさせることがおすすめです。
  • 特に勃起時には皮をかぶせずに、亀頭を刺激から守ることが重要です。

思春期の中学生にとって、ペニスケアは重要なテーマです。この記事が少しでも役に立てば幸いです。

中学生は多感な時期で大人への準備期間でもあります。この時期に正しい知識を身につけることが将来に繋がる重要なステップです。

自分自身の体について理解を深め、健康的な成長を目指しましょう。

TOP