ジョナファルコン(ヨハンファルコン)の驚異的なペニスサイズと今の姿【画像付き】

「ジョナファルコンって誰?」

「世界で一番の巨根の持ち主についてもっと知りたい!」

そんな疑問をお持ちのあなたにうってつけの記事です。

ヨハンファルコン、その驚異的な彼の人生について深掘りしていきます。

ジョナファルコン(ヨハンファルコン)って誰?

笑顔でこちらを見つめる医者

ジョナファルコン、本名ジョナ・アダム・ジュリオ・カルデリ・ファルコン(Jonah Adam Julio Cardeli Falcon)は1970年7月29日生まれのニューヨーク市出身の俳優です。

しかし彼の名が広く知られる理由は俳優業ではありません。

彼はその圧倒的なサイズのちんこで世界中に知られています。

ジョナファルコンは、そのちんこが非常に大きいことで、「馬人」、「歩くペニス」、「人間三脚」さらには「服を着た性器」などの異名を持ち、一躍有名になりました。

ジョナファルコンの生い立ち

「歩くペニス」として知られるジョナファルコン氏は、ニューヨーク市ブルックリンで生まれました。

父親は彼が2歳の時に他界し、その後は母親がシングルマザーとして彼を育てました。

ファルコンは比較的苦しい環境で育ち、8歳から12歳まではブルックリンの情緒障害児の治療施設で過ごしました。

その後、ブロンクス科学高等学校を卒業し、俳優としてのキャリアを目指しますが、「ペニスの大きさ」で注目を浴びることとなります。

ジョナファルコン(ヨハンファルコン)のペニスサイズ

カルテを見ながら相談をする男女の医者

世界最大級のペニスを持つことで有名なジョナファルコン(ヨハンファルコン)氏。

やはり一番気になるのはその驚愕のサイズです。

彼のペニスの長さは、通常時で約24cm、

勃起時にはなんと33cmにも達します。

24センチという長さは、市販の1リットル牛乳パックの高さにも匹敵します。

一見信じがたいかもしれませんが、彼のペニスが太ももの中程まで垂れ下がっている写真を見れば、そのサイズの真実味が伝わります。

ミスタービッグと呼ばれた男

2003年にローリングストーン誌が「ミスター・ビッグ(Mr. Big)」と題して掲載した記事では、ファルコン氏のちんこが10歳の時点で既に20cmを超えていたと報じられています。

彼の母親のコメントも紹介されており、息子の巨大なちんこに驚いたことが伺えます。

母親はこう語っています。

「生まれた時からずっと大きかったんです。常に年齢に不相応なサイズでした。

でも、本当の問題はその大きさに執着する人たちですね。

男性はペニスの大きさに男らしさを見出そうとします。これが私たちの生きる世界なのです」

母親にとっても、答えるのは容易ではなかったことでしょう。

ジョナファルコン(ヨハンファルコン)と驚愕の巨根ストーリー

感謝に親身に寄り添う医者

通常時23cm、勃起時には34cmにも達する驚異的なサイズの持ち主、ジョナファルコン(ヨハンファルコン)のエピソードは数多く存在します。

彼の持つ巨大なペニスは、俳優業界でも世界一とも言われています。

アメリカで俳優として活躍している彼ですが、意外なことにAV男優ではありません。

そのため、彼の生の巨大ペニスの画像がインターネット上に出回ることはありません。

しかし、公開されている写真からでもその並外れたサイズは容易に推測でき、多くの話題を集めています。

麻薬の運び屋と間違えられるほどのペニス

そのタイトなスパッツが特徴的で、スパッツ越しにもはっきりと分かる巨根を誇っています。

そのサイズは通常時でも20cm級と言われ、見せびらかすためにスパッツを選んだとの噂もありますが、実際には彼の愛用アイテムの一つなのです。

普通のズボンでは股間がだぶつき、特に空港のセキュリティでは「何か隠しているのか?」と疑われることが多いのだとか。

そのことに苛立ち、以来堂々と見せつけるスタイルを取るようになったのです。

ジョナファルコン(ヨハンファルコン)の驚きの巨根エピソード2

夫婦の相談に丁寧に応える医者

ジョナファルコン(ヨハンファルコン)氏にはさまざまな逸話がありますが、今回は特に彼のオナニストとしての一面に注目します。

若いころから彼は熱心なオナニストだったという話があります。

ある記者が彼に「どうしてそんなにも大きなちんこを持つことになったのか?」と尋ねたとき、ファルコン氏は笑って答えました。

「たぶん、空いている時間があればどこででもオナニーをしていたからじゃないかな?」と。

それほど彼は、自己刺激に没頭していたのです。

オナニーで自然にサイズアップ?

ちんこを大きくする手段として「チントレ」が知られていますが、彼はオナニーに専念しており、特に特別なトレーニングは行っていなかったようです。

つまり、彼のちんこは完全に自然の結果なのです。

ファルコン氏の例では、オナニーを続けた結果として偶然サイズが大きくなったと言えそうです。

もちろん、チントレで成功してサイズアップを達成した人もいるため、あきらめずに挑戦する価値はあります。

ジョナファルコン(ヨハンファルコン)の巨根エピソード3

パソコン資料を見ながら上司の医者が部下の医者に教えている

ジョナファルコン氏は巨根で知られる存在ですが、彼の持つその大きさは一つの特異な点で終わりません。

彼のちんこは、単なる大きさだけではなく、重度の包茎でもあったのです。

世界一の巨根と共に、世界一の包茎という一面も持ち合わせていたのです。

包茎の皮でドアノブを包み込む驚きの事実!

ある男性は、その包皮を使ってドアノブを包み込むことができると言います。どんな状態なのか想像しにくいですが、それだけ余分な皮が多いことは確かです。

このような皮が多く余っている状況は、普通ではなかなか見られないでしょう。

大きな男性器で有名なファルコン氏ですが、彼もまた驚くほどの包茎であることがわかります。

まさに規格外の存在と言えるでしょう。

まとめ

腕組みする男性医者とガッツポーズでこちらを励ます女性医者

今回は、特大サイズのちんこで話題のジョン・ファルコン氏についてご紹介しました。

彼のちんこは、通常時で約24センチ、勃起時には驚異の33センチに達すると言います。このサイズは全米中に大きな話題を提供しました。

ジョン・ファルコン氏には興味深いエピソードも多く、ちんこを大きくするために日々オナニーに励んでいた過去や、かつては包茎だったという意外な事実もあります。

そのたくましいちんこは、女性たちからも注目を集めていたようです。

ギネス級とも言える彼のちんこに憧れ、同じようなトレーニングを試みる人々もいるかもしれません。

TOP