露茎ペニスの特徴と割合とは?リスクと露茎ペニスにする方法

露茎ペニスとは、「平常時および勃起時の両方で包皮が自然に剥けている状態」のことを指します。

仮性包茎の場合、自然に包皮が剥けないため、露茎ペニスとは異なります。なお、日本人男性の中で露茎ペニスはわずか1割未満とされています。

本記事では、露茎ペニスの定義や割合、さらにそのメリット・デメリットについて詳しく解説し、露茎ペニスにするための4つの方法をご紹介します。

完全な露茎状態を目指している方や、露茎できずに悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

もし亀頭増大や包茎手術で露茎ペニスにしたい場合は、信頼できるクリニックや病院での治療が推奨されます。

選りすぐりのクリニック・病院をご紹介します。

全国のクリニックを検索

露茎ペニスにするためには、包茎手術が最適な手段です。

露茎ペニスの特徴と一般的な割合

笑顔でこちらを見つめる医者

露茎ペニスの定義とは?

露茎ペニスとは、陰茎の先端である亀頭が、通常時や勃起時に関わらず、包皮に覆われず常に露出している状態を意味します。

この状態は、亀頭が常に露出しているため、清潔さを維持しやすいのが特徴です。

しかし、日本においては露茎ペニスの割合が比較的低いとされています。

露茎ペニスになるための条件

露茎ペニスには、以下の3つの条件をクリアしている必要があります。

  1. 亀頭と包皮の間に癒着がないこと
  2. 通常時に亀頭が包皮口よりも大きく見えること
  3. 包皮が適度な長さであること

1.亀頭と包皮の癒着がないこと

露茎ペニスとなるための重要な条件の一つは、「亀頭に包皮が癒着していないこと」です。真性包茎でないことが前提となります。

真性包茎は多くの場合、新生児期に自然と解消されますが、成長しても解消されないケースも存在します。

真性包茎の状態では、亀頭が完全に露出しないため、露茎ペニスにはなりにくいと言えます。

2.通常時に包皮口より大きな亀頭を持つこと

露茎ペニスのもう一つの条件として、通常時において包皮口より亀頭が大きいことが挙げられます。

これによって、亀頭が包皮口から自然に露出し、常に露茎状態を維持することができます。

一方、通常時に包皮口よりも亀頭が小さい場合、自然に露茎することは難しくなります。

3.包皮が適切な長さであること

見た目や機能の観点から、露茎ペニスの重要な条件の一つは包皮が適切な長さであることです。

包皮が適度な長さであれば、亀頭が自然に露出しやすくなり、露茎の状態を保つことが容易になります。

反対に、包皮が極端に長すぎる場合、亀頭が覆われやすくなり、理想的な露茎の状態を維持するのは難しくなります。

日本人における包茎と露茎の割合

包皮の状態 平常時・勃起時の状態 割合
仮性包茎 自分で包皮を剥ける 60~70%
真性包茎 包皮を自力で剥けない 約10%
カントン包茎 包皮を自力で剥けない 約10%
露茎 自然に包皮が剥けている 約10%

いくつかの調査結果によると、日本人男性のおよそ70〜80%が何らかの包茎であり、多くは仮性包茎(約70%)、真性包茎とカントン包茎がそれぞれ約10%ずつという割合です。

実際には、生まれつきの露茎と包茎手術によって露茎になった人を合わせると、露茎の割合は約10%よりも高くなる可能性があります。特に手術の普及により、人口比率でもさらに増加の傾向が見られます。

ペニスの成長が落ち着く18歳前後で露茎になっていない場合、その後自然に露茎になる可能性は非常に低いです。しかし、真性包茎やカントン包茎の方でも包茎手術を受けることで、露茎にすることが可能です。

出典:value press、包茎ラボ

年齢別に見る包茎と露茎の割合

年齢ごとの包茎と露茎の割合は以下の通りです。あくまで目安であり、個人差があることをご了承ください。

年齢 学年 ペニス状態
0 乳児 約80%が真性包茎
0~6歳 幼児 約30%が真性包茎
6~12歳 小学生 約30%が真性包茎
13~16歳 中学生 約30%が真性包茎
16~18歳 高校生 約20%が真性包茎
18歳~ 成人 ・約70%が仮性包茎 ・約10%が真性包茎 ・約10%がカントン包茎 ・10%が露茎

新生児の大半は真性包茎ですが、成長とともに自然に露茎になるケースが増えていきます。

幼児から中学生までの間、真性包茎の割合は約30%と変わりませんが、高校生になると20%、成人では10%ほどに減少します。

18歳頃になるとペニスの成長がほぼ完了し、包茎か露茎かが決定します。

包茎か否かは、遺伝だけでなく多くの要因が影響しています。

参考記事

✅剥き癖を付けると包茎は治る?

✅包茎は何歳までに治すべき?

見栄剥きが多い理由とは?

見栄剥きとは、包茎の男性が、自らの包皮を手で剥き、あたかも露茎であるかのように見せる行為を指します。

この行為が多く見られる理由として、仮性包茎の男性が不安や恥ずかしさ、またはコンプレックスを解消するために行っていることが挙げられます。

見栄剥きは主に異性に対して行われることが多いですが、公共の場である銭湯や温泉でも見かけることがあります。

さらに、日本人男性の仮性包茎の割合を考えると、多くの男性が自ら包皮を剥いている状態であることがわかります。

しかし、見栄剥きした場合、剥いた箇所がうっすら赤くなるため、容易に見破られてしまうことが少なくありません。

露茎の利点と欠点

カルテを見ながら相談をする男女の医者

生まれつき露茎である場合と、包茎手術によって露茎状態になった場合のそれぞれの利点と欠点を詳しく解説します。

露茎のメリット

  • 衛生的で臭いやカスが出にくい
  • 見た目が魅力的
  • 女性からの好感度が高い
  • 衛生面で女性にも優しい
  • 自信を持って温泉やサウナへ行ける
  • 自己肯定感が高まる
  • 尿が飛び散りにくい

露茎ペニスには多くのメリットがあり、多くの人がその良さを実感しています。

自然と露茎になった人は、全体的に亀頭が大きかったり、陰茎と亀頭の段差が大きかったりすることが多いです。

そのため、女性を性的に満足させやすく、衛生的でパートナーの女性の性病リスクや子宮頸がんのリスクを減少させます。

何よりも、清潔感が感じられるため、非常に好まれる存在です。

露茎ペニスのデメリット

  • 性的快感が鈍くなる
  • 遅漏の原因になることがある
  • 亀頭が傷つきやすい
  • 亀頭が乾燥しやすくなる

露茎ペニスは常に亀頭が外に出ているため、包茎の人に比べて外部の刺激に対して耐性があります。

そのため、刺激に慣れてしまい遅漏になることがあり、相手の女性が早めの射精を望む場合には不満を持つことも考えられます。

また、皮が覆われていないため、刺激の強い下着や偶発的な衝撃に対して保護が不十分となり、亀頭が傷つくリスクがあります。

とはいえ、全体として見れば、これらのデメリットはメリットに比べて比較的軽微なものです。

無理に包茎を治すことのリスク

感謝に親身に寄り添う医者

カントン包茎、真性包茎、仮性包茎などの問題を抱える方が、強引に露茎状態にしようとする際に伴う危険性について詳しく説明します。

カントン包茎を無理に剥くことによる危険性

カントン包茎を無理に露茎させると、包皮によって亀頭が強く締め付けられます。

この状態が続くと、血流が悪化し、最悪の場合には組織の壊死が起こることがあります。

そのため、無理に包皮を剥く行為は絶対に避けるべきです。

もし包皮が亀頭を締め付けていると感じた場合は、早急に医療機関を受診しましょう。

参考記事

✅カントン包茎の詳細解説

真性包茎を露茎する際のリスクと注意点

真性包茎とは、包皮が亀頭と癒着した状態を指し、無理に剥がそうとすると深刻な損傷を引き起こす可能性があります。

もし自分で剥くのが難しいと感じたら、特殊な器具(キトー君やムケル君など)を使用する場合でも、力任せに試みるのは避けるべきです。

これらの器具を使う際には、必ず正しい使用方法を理解し、潜在的なリスクを十分に理解した上で行うことが重要です。

仮性包茎を露茎するリスク

仮性包茎の場合、自分で包皮を剥くことが可能ですが、露茎させようと剥き癖を付ける人もいます。

しかし、剥き癖がついたとしても、その効果は一時的なものであり、放置すると元に戻ってしまいます。

さらに、安価に済ませようと輪ゴムなどの締め付けが強いものを使用すると、血行不良による痒みや、最悪の場合は組織の壊死を引き起こすことがあります。

また、トイレで用を足す際に他人に見られると非常に恥ずかしい思いをすることもあります。

いずれにせよ、自分で対策をする場合は自己責任で行ってください。できれば、クリニックや病院で専門の包茎手術を受けることをおすすめします。

仮性包茎は包茎手術を除いて露茎状態にはできませんが、剥き癖を付けることで衛生面が改善されることもあります。

参考記事:

✅剥き癖を付けるメリットとは?

包茎を露茎に改善するための4つの有効な方法

夫婦の相談に丁寧に応える医者

包茎を露茎状態に改善する方法は主に4つあります。

  1. 剥ける習慣をつける
  2. 非外科的な包茎治療
  3. 外科的手術
  4. 亀頭の増大処置

剥き癖を付ける方法

仮性包茎の場合、ヘアゴムや包茎矯正リング、あるいは専用のテープを使用して、包皮の剥き癖をつけることが可能です。

先ほども説明したように、剥き癖を付けても完全に露茎状態にはなりませんが、匂いや汚れを減少させるなど衛生面でのメリットが得られます。

ただし、剥き癖はあくまで一時的な効果であり、トレーニングや器具の使用を中止すると元の状態に戻る可能性が高いため、この点には注意が必要です。

参考記事

✅ヘアゴムや輪ゴムでの包茎ケア

✅剥き癖の決定版「カリバウアー」

✅剥き癖テープ「MUKETE」の紹介

切らない包茎治療

切らない包茎治療は、軽度の仮性包茎の方に適した方法で、余分な包皮を縫い合わせて固定することで見た目を整えます。

この手術は費用が抑えられる点が魅力ですが、効果が一時的であり、時間の経過とともに元の状態に戻ることが多いです。

また、縫合の仕方により勃起時に痛みを感じることがあり、その点では十分な注意が必要です。短期間だけ露茎状態を維持したい場合には検討の余地があるかもしれません。

参考記事

✅切らない包茎手術と長茎術のデメリットについて

包茎手術について

包茎を根本的に治療したいのであれば、やはり包茎手術が最も効果的です。

仮性包茎の場合、必ずしも手術が必要とは限りません。しかし、包皮が余りすぎている場合や重度の仮性包茎で生活に支障が出るようなら、手術を検討する価値があります。

包茎手術にはさまざまな方法が存在します。

手術を受ける際は、メリットとデメリットを十分に比較検討し、メリットが上回ると判断した場合に決断することが大切です。

手術後は露茎状態になりますが、傷跡が気になる方には環状切除術よりも亀頭直下埋没法が適しています。

未成年の場合、親権者の同意書が必要ですので、親の承認を得てから受ける方が良いでしょう。どうしても親に話せない場合は、成人してからでも手遅れではありません。

参考記事

✅重度の仮性包茎の特徴と対処方法

✅亀頭直下埋没法のデメリットは?

✅環状切除術は手術失敗で後悔する?

亀頭増大

先に述べた露茎ペニスの条件において、亀頭が包皮口より大きければ露茎が可能だと確認されました。

そのため、専門のクリニックで亀頭増大術を受けることで、露茎ペニスにすることが可能です。

ただしここでの重要なポイントは、一般的な包茎手術よりも亀頭増大術の方が費用が高く、使用する薬剤によっては効果が一時的である場合があることです。

亀頭増大術の利点は、注射のみで切開を伴わないため、手術リスクが低いことです。

なお、増大サプリでは亀頭を十分に大きくする効果はほとんど期待できません。

亀頭増大や包茎手術を検討している方は、信頼できるクリニックや病院での治療を推奨します。

おすすめのクリニックと病院一覧

全国のクリニックを検索

露茎ペニスにするには包茎手術が最適

  • 投稿
  • 共有
  • Pocket
  • Hatena
  • Pinterest
  • LINE

-包茎・増大の基本知識

TOP