【勃起不全】20代でもEDに!若者が直面する3つの原因とは?

こちらの記事では、「20代でEDになってしまう原因は何か?」や「20代のEDをどうやって改善するか?」について詳しく解説します。同じ悩みを持つ方々のために、専門家としてしっかりとお伝えしますので、ご安心ください。

20代のED原因1位 ストレス

笑顔でこちらを見つめる医者

EDや中折れの背後には、多岐にわたる要因が存在します。

かつては中年層に頻繁に見られる症状でしたが、今では20代の若者にも増加しています。

主な原因の一つに挙げられるのがストレスです。ここでは、その原因と対策について詳しく解説します。

精神的ストレス

精神的なストレスが増すと、性的な興奮が起こりにくくなることが知られています。特に、仕事のプレッシャーや責任からくるストレスが大きな要因となります。

仕事のストレス

20代はエネルギッシュに働ける年代ですが、その勢いで心身に負担をかけてしまうことがあります。自分では問題ないと思っていても、実際には深刻なストレスを抱えていることが少なくありません。

疲労によるストレス

20代は、若さがあるとはいえ、疲労は確実に積み重なっていきます。
しっかりとリフレッシュをしないと、その疲労がストレスへと変わってしまうことが多いのです。
しかし、若いという理由で無理をしてしまうことが多く、結果的に大きなストレスを抱えることになります。

人間関係から生じるストレス

職場で上司や同僚と円滑にコミュニケーションを取ることは欠かせません。しかし、この人間関係が原因でストレスや悩みを抱えることも少なくありません。



20代のED原因2位 性行為の経験不足・緊張

カルテを見ながら相談をする男女の医者

EDの理由の一つに、性行為の経験不足が挙げられます。初めてのセックスでは、知識が限られている中で自分なりに頑張ろうとしますが、これが逆にプレッシャーとなることがあります。

さらに、緊張感も非常に高まり、パフォーマンスに支障をきたすことが多いです。

このような経験が積み重なると、EDの原因となる可能性があります。

性行為に対する不安

性的な場面で最後までプレッシャーなく続けられるか不安に感じる場合も少なくありません。この不安が高じることで、期待に応えようとする緊張が性的興奮を早め、中折れを引き起こす要因となることがあります。

相手への気遣いからくる不安

セックスの場面では、相手を満足させられるかどうか不安に感じることが多いでしょう。不慣れなセックスで相手を苛立たせることもあるかもしれません。このような不安が大きくなると、勃起力が低下する原因になることがあります。

相手が経験者

相手がセックスの経験豊富な人であると、自身の未経験を嘲笑されるのではないかという不安がよぎるかもしれません。このような心配はマイナス思考を引き起こし、結果的に勃起不全などの問題を招く原因となります。

オナニーのしすぎ

男性機能を健やかに保つために適度なオナニーは大切ですが、過度な刺激を繰り返すと感度が鈍化してしまう恐れがあります。その結果、肝心の本番で勃起力が低下することもあるので、バランスを考えた行為が必要です。



20代のED原因で見逃せないのは過去のトラウマ

感謝に親身に寄り添う医者

EDの原因の中でも、過去のトラウマが大きく影響していることが明らかになっています。

トラウマは心理的な側面が強く、簡単には解決できないのが難点です。

ここでは、トラウマがどのようにEDに繋がるのか、具体例を用いて分かりやすく解説していきます。

トラウマは悪循環に繋がる

不安が高まると身体に緊張が走り、中折れを招くことがあります。その失敗がトラウマとなり、次回の性行為でさらに不安が募るため、負の連鎖が続いてしまいます。

自信喪失

最初のセックスで緊張しすぎて勃起できなかったという経験をお持ちの方は、多くいらっしゃるでしょう。その結果、自信を失い、それが原因でEDを発症することもあります。

極度の緊張

極度のストレスやプレッシャーがEDを引き起こすことがあります。例えば、子供を望んでいる夫婦が失敗を重ね、次こそは成功させないといけないと思うと、そのプレッシャーが原因でうまくいかないことがあります。このようなプレッシャーが繰り返されると、さらにストレスが増し、EDを発症するリスクが高まります。

性行為に満足できない

性行為で一度も満足に至らなかったという経験がある人も少なくありません。そのために自信を喪失し、EDの原因となることもあります。



20代のED改善のための秘訣

夫婦の相談に丁寧に応える医者

20代でEDに悩んでいると、一刻も早く誰にも知られずに克服したいという強い思いが湧くことがあります。しかし、そのような焦りがさらにストレスを引き起こし、EDの改善を妨げることにもなりかねません。そこで、今回はEDを効果的に改善するための秘訣についてご紹介します。

仕事のストレス

日々の業務で受けるストレスや疲労は、完全に取り除くのは困難です。しかし、効果的にストレスを解消するための方法があります。例えば、趣味に没頭する時間を設けたり、質の良い睡眠を十分に取ることが挙げられます。

性行為に耐性を付ける

ED治療薬を活用しつつ性行為の経験を重ねることが有効です。
性行為の頻度を上げることで、女性への慣れや心的な耐性が自然と身に付くでしょう。
そのため、バイアグラなどのED治療薬を上手に活用するのがおすすめです。

心理療法で改善する

トラウマは繊細な問題であり、慎重な取り扱いが求められます。専門的な知識を持たないまま解決を試みると、かえって症状が悪化する可能性があります。そのため、心療内科の医師や経験豊富なカウンセラー、セラピストから適切なサポートを受けることが重要です。

全く勃起しない

20代で全く勃起しない場合、器質性のEDが考えられます。器質性EDは、動脈硬化などの血管障害が原因で発生しやすく、特に不規則な食生活や過度の飲酒、運動不足が要因となることがあります。そのため、まずは生活習慣の見直しから始めるのが良いでしょう。


20代のEDの主な原因は、1位がストレス、2位が性行為の経験不足や緊張、3位が過去のトラウマです。特にトラウマなどの心理的要因が原因であれば、専門家に相談することが不可欠です。しかし、心理的要因以外の場合は、病院でED治療薬を併用しながら改善していく方法が一般的に推奨されています。

TOP