【卵で精力増強】卵の力で精力を高める方法

卵が精力増強に与える影響について解説します。

AV男優志良玉弾吾おすすめのテクニック

笑顔でこちらを見つめる医者

AV男優の志良玉弾吾が語る生卵パワー論

1973年生まれの志良玉弾吾は、活躍中のAV男優です。

シニア世代にもかかわらず、月に20本ものAV作品に出演する腕前を持っています。

彼の活力の秘密は生卵にあり、撮影の前日には朝晩それぞれ3個の生卵を殻を割って直接摂取することでエネルギーをチャージしていると言います。

おススメ出来ない方法

志良玉弾吾さんは、バイアグラを試した経験があるようですが、心臓の鼓動が速くなり、体への負担が大きかったと述べています。

確かに、バイアグラの効果は個人差がありますが、特にシニア層になると心臓の機能が若いころに比べて低下していることが多く、リスクが高まります。

そのため、薬の使用に抵抗があるシニア世代には、自然な食品である生卵が特にお勧めだとされています。

卵の魅力

卵は、アレルギーがなければ、安心して摂取できる優れた食品です。

さらに、市販の精力剤やサプリメントと比べて、経済的で効果も期待できます。

生卵を苦手とする方でも、ゆで卵やスクランブルエッグなど、調理方法を工夫することで同様の効果が得られるので、ぜひ試してみてください。



卵で得られる健康と体力増強の効果

カルテを見ながら相談をする男女の医者

卵の栄養価

卵は、かつてお見舞いの差し入れとしても選ばれるほど、栄養豊富な食材として知られています。

その栄養価についてですが、卵は”自然のマルチサプリメント”とも言われるように、多くのビタミンやアミノ酸が豊富に含まれています。

中でも、必須アミノ酸をバランス良く摂取できる点で、非常に優れた食材として評価されています。

必須アミノ酸の重要性

私たちの身体は、多くのアミノ酸を必要としています。

卵は、その必須アミノ酸を理想的なバランスで供給してくれる食品です。

特に必須アミノ酸は、免疫力を強化する効果がありますので、風邪などのウイルスを撃退する助けとなります。

卵の成分

卵は、タンパク質や脂質、カルシウム、リンといった多くのミネラルやビタミンを豊富に含んだ栄養価の高い食品です。

特に黄身には、脳や神経を構成するリン脂質が豊富で、その含有量は大豆の約3倍にもなります。
また、卵白には骨の健康を支えるビタミンDや生殖機能に寄与するビタミンE、さらには「セックスミネラル」とも称される亜鉛が多く含まれています。

さらに卵の殻にも注目すべき栄養があり、特にカルシウムが非常に豊富です。
そのため、卵は殻まで含めて非常に栄養価の高い食材と言えるでしょう。

朝晩生卵3個ずつ摂取する?!

感謝に親身に寄り添う医者

この世でコストパフォーマンスが最も高い食品はおそらく生卵ではないかということで、試しに生卵を購入し、3個摂取してみた。昔から体力をつけるために行っていたが、食事として楽しむのは今回が初めてです。

— H.HASHIMOTO@喪中 (@hhashimoto_jp) December 7, 2020

卵は1日3個までがおすすめ

卵に含まれるタンパク質は、肌や髪、骨、内臓など体全体の健康維持に欠かせない栄養素です。

さらに、エイジングケアにも優れた効果が期待できます。

卵を食べることで、疲労回復や細胞の再生を促す効果があるとされています。

専門家によると、一日に3個の卵を食べることで必要なタンパク質を十分に補うことができると言われています。

多くの栄養学の専門家も、健康を維持するために3個の卵を食べることを推奨しています。積極的に摂取して健康的な体を目指しましょう。

最強のスーパーフード

卵は、ビタミンCと食物繊維以外のすべての栄養素を含む驚異的な食材です。

特に、体内で生成できない9種類の必須アミノ酸がすべて含まれているため、完全な栄養源といえます。

コレステロール値が高いことから敬遠されがちですが、実際にはそれは誤解です。厚生労働省の2015年の発表では、食事から摂取するコレステロールは血中コレステロールに影響を与えないことが明らかにされています。

卵のもたらす驚くべき効果

コレステロールは私たちの生体機能に欠かせない重要な栄養素です。

特に、細胞膜や脳の構築に必要不可欠であり、さらに女性ホルモンの生成にも役立っています。

さらに、卵黄に含まれるコリンは、神経伝達物質の原料として機能し、その不足がメンタルヘルスや記憶力に影響を与える可能性が指摘されています。

ゆで卵やスクランブルエッグもおいしい選択肢です

夫婦の相談に丁寧に応える医者

最も栄養価の高い卵料理とは?

卵はその高い栄養価で知られ、健康志向の方々に人気の食材です。

生卵、ゆで卵、スクランブルエッグなど、さまざまな食べ方がありますが、どの調理法が最も効果的に栄養を摂取できるのでしょうか。

どうせなら、より多くの栄養を効率よく摂取できる方法で卵を楽しみたいですよね。

卵黄と卵白をバランスよく食べよう

卵を食べる際には、卵黄と卵白を一緒に食べることが非常に重要です。

卵黄はまろやかで濃厚な味わいを楽しめますが、一方で卵白は少し淡泊な味が特徴です。

そのため、卵黄だけを好んで食べ、卵白を捨てる人もいますが、両方に異なる栄養が豊富に含まれているため、一緒に食べることが健康にとって最適です。

卵を調理した際の栄養

興味深いことに、ゆで卵、スクランブルエッグ、生卵の栄養成分を比較した時、大きな差は見られません。

ただし、卵に含まれる栄養素の中には、熱に弱いレシチンやビタミンB群も含まれています。

このため、これらの栄養素が若干減少することがあります。

一方で、生卵よりも調理することで効果的に摂取できる栄養素も存在し、その代表がビオチンです。

ビオチンは髪の健康を保つ成分として知られており、育毛に関わる働きを持っています。覚えておくと良いでしょう。

卵黄は美味しく、栄養も豊富です。特にリッチなタンパク質やビタミンが多く含まれています。

一方、卵白にはタンパク質やカリウムが多く含まれており、身体の健康維持に必須の栄養素が豊富です。

さらに、卵を食べることで精力増強にも良い影響を与えるので、積極的に取り入れてみてください。

TOP