【精力剤】ノコギリヤシの効果で精力を劇的に増強する方法

この記事は・・

「ノコギリヤシの精力増進効果を知りたい!」

「効果的なノコギリヤシの摂取方法が知りたい!」

そんなあなたのためのガイドです。

プロフェッショナルが徹底解説しますよ。

ノコギリヤシの前立腺肥大改善効果とは?

笑顔でこちらを見つめる医者

ノコギリヤシとは

ノコギリヤシは、栄養豊富で強壮効果が期待されるヤシ科の植物です。

その名の由来は、葉がノコギリの刃のような独特の形状をしているためです。

ノコギリヤシには、前立腺肥大による排尿トラブルの予防や改善といった効果が期待されています。

男性特有の前立腺の悩み

泌尿器系の疾患は、男性ホルモンの過剰分泌が一因となりやすいです。

その中でも前立腺は男性にのみ存在する栗の実のような形状の器官で、尿道を取り囲んでいます。

前立腺の主な役割は、前立腺液を生成し、精液を通じて精子に栄養を与え、保護することです。しかし、年齢を重ねると前立腺が肥大することが多いです。

この器官が問題を抱えると、精子の正常な生成が困難になる可能性が高まります。

泌尿器系の健康維持

ノコギリヤシに含まれるオレイン酸は、膀胱や尿道といった泌尿器系の健康をサポートする効果があるとされています。

オレイン酸は、前立腺肥大を引き起こす原因である酵素の活動を抑え、炎症を軽減し、さらには予防する働きを持つことが分かっています。

さらに、ノコギリヤシには止血や利尿作用もあるため、前立腺肥大や頻尿、膀胱障害などの泌尿器系のトラブルを効果的に改善する可能性が高いとされています。



男性ホルモンの過剰分泌を抑える方法とは?

カルテを見ながら相談をする男女の医者

前立腺肥大症の傾向

男性は、排尿回数が増える排尿障害を抱えることが多くなります。

これにより、特に夜間のトイレ回数が増え、十分な睡眠を確保できず日常生活に影響を与えることがあります。

排尿の問題は、30代から始まり、50代では約30%、60代では約60%、70代に達すると約80%の男性が経験する傾向にあります。

そのうち、前立腺肥大症で治療を要する人は、およそ25%にのぼるとされています。

前立腺肥大の原因

前立腺肥大の原因には、男性ホルモンが大きく関係していることが知られています。

一因として、加齢に伴う男性ホルモンの減少が挙げられます。このホルモン減少によってホルモンバランスが乱れ、ジヒドロテストステロンという特定の酵素が生成されることで、前立腺の肥大が引き起こされるとされています。

男性ホルモンへの効果

ノコギリヤシは男性ホルモンのバランスを整え、前立腺肥大を予防する効果があります。

このホルモンバランスを保つことで、正常な状態を維持しやすくなります。

結果的に、精力の維持や男性機能の向上にも寄与します。

さらに、男性ホルモンの低下によるEDや男性更年期障害といった問題も予防することができます。

一酸化窒素の期待される効果

感謝に親身に寄り添う医者

ノコギリヤシの酵素阻害効果

ノコギリヤシは、オレイン酸やラウリン酸といった脂肪酸を豊富に含む植物です。

これらの脂肪酸は、体内でのコレステロールを抑制する植物ステロールと似た構造を持ちますが、吸収されにくい性質があります。

さらに、ノコギリヤシに含まれる特定の脂肪酸は、男性ホルモンに関連する酵素の働きを邪魔する効果があることが知られています。

抗酸化効果

ノコギリヤシは、抗男性ホルモン効果、抗エストロゲン効果、そして強力な抗炎症特性を持っています。

特に注目すべきは抗男性ホルモン効果です。ノコギリヤシは、5α-リダクターゼという酵素によってDHT(ジヒドロテストステロン)に変換される際の結合を阻害することで、細胞の異常な増殖を抑制する働きがあります。

ノコギリヤシと一酸化窒素の関係

ノコギリヤシは、アルギニンやシトルニンとの相乗効果が高く、一酸化窒素の生成を促進します。

一酸化窒素には抗酸化作用や血管拡張効果があり、これによって勃起時の血流がスムーズになります。

ただし、抗酸化作用が過度に強くなると一酸化窒素の効果が減少することがあります。

ノコギリヤシを併用することで、この抗酸化作用を調整し、一酸化窒素の本来の働きを最大限に引き出すことができます。

ノコギリヤシの副作用について知っておくべきこと

夫婦の相談に丁寧に応える医者

ノコギリヤシの適切な摂取量について

最新の日本における食事摂取基準にはノコギリヤシの具体的な1日あたりの推奨摂取量は記載されていませんが、アメリカの推奨基準では、1日あたり200〜320mg程度が目安とされています。

必要量を効率よく摂取するためには、サプリメントの利用を検討するのが賢明でしょう。

ノコギリヤシの効果

ノコギリヤシは、医薬品のような即効性は期待できませんが、継続することで効果が表れます。

通常、1~3ヶ月ほどの期間をかけて毎日摂取することで、その有効性を実感できるようになるでしょう。

中途半端な期間で摂取を止めてしまうと、効果が現れる前に元の状態に戻ってしまう可能性がありますので、注意が必要です。

ノコギリヤシの副作用

ノコギリヤシはその作用が非常に穏やかなため、副作用が少ないと言われています。

適切な摂取量を守れば、ほとんど身体に悪影響を及ぼすことはありません。ただし、摂取量を過剰にしてしまうと、腹痛や便秘、吐き気、下痢、頭痛、発疹などの症状が現れることがあります。

さらに、ノコギリヤシには血液の粘度を下げる作用があるため、抗血液凝固薬や抗血小板薬を服用している場合には出血リスクが高まる可能性があります。

近年では、ノコギリヤシを成分として含むドリンクも登場しており、より手軽に摂取できるようになりました。

ノコギリヤシには男性の前立腺肥大の症状を軽減する効果が期待されています。また、サプリメントで摂取すれば、自分で適切な量を管理できるため、過剰摂取を避けることができます。

医薬品とは異なり、ノコギリヤシは副作用が非常に出にくい点も大きなメリットです。

TOP