【おな禁増大】オナニーをやめるとペニスが大きくなるのは事実なのか?詳しく解説!

この記事では、

「オナニーと睾丸の関係性ってどうなってるの?」

「おな禁は実際に効果があるの?」

と疑問を持つ方々に向けてお届けします。

おな禁とペニス増大の関連性について詳しく探ってみましょう。

まずはおな禁について理解しよう

笑顔でこちらを見つめる医者

昨今、「おな禁」という言葉を耳にする機会が増えています。

ツイッターやその他のSNSを見ていても、実際にはおな禁の本質を正しく理解している人は少ないようです。

そこで今回は、おな禁について詳しく調査した結果をお伝えしますので、ぜひ参考にしてくださいね。

おな禁とは

おな禁とは、自己意識的にオナニーを控える行為のことを指します。

男性の場合はペニスを刺激して射精しないこと、女性の場合はクリトリスや膣を刺激して絶頂に達しないことがこれに該当します。

ある人々の間では、おな禁は精神的な成長や身体的な利点を追求する一種の自己啓発として捉えられることもあります。

オナニーの快感を抑えることで精神的および肉体的な利点を享受したり、オナニー依存症を克服するためのプロセスとして評価されることもあります。

ただし、おな禁は治療目的で取り入れられる場合もあるため、すべてを宗教的な側面とするには無理があります。

日本人はオナニーの頻度が高い

世界各国と比べて、日本のオナニー頻度は非常に高いと言われています。その一因として、宗教的禁忌が少ないことが挙げられます。

例えばユダヤ教では、オナニーをする際に妻以外の女性を思い浮かべることが重罪とされ、宗教的な戒律が厳しいです。

それに比べて、日本では性生活に対する宗教的な制約が少なく、オナニーが広く受け入れられています。その結果、オナニーをする人の割合が高くなっていますが、逆にセックスの回数は他国に比べて少ないのが現実です。

このような性的行動の傾向は、日本がかねてから抱える少子化問題の一因にも考えられています。セックスの機会が少ないため、出生率が低下し社会問題に発展しているのです。

おな禁で増大するのはイメージから

おな禁を実践することでペニスが大きくなる、反対にオナニーを過剰に行うとペニスが小さくなるという話を耳にしたことがある方も多いでしょう。

男性にとって、おな禁は一度は試みたことがあるテーマではないでしょうか。

肌が綺麗になる、活力がみなぎる、朝の目覚めがすっきりするなど、おな禁についてのさまざまな噂があり、そのイメージが根深く広まっています。

    • おな禁とは、オナニーを自分の意思で控えることを指す
    • 日本人は海外と比べてオナニーの頻度が非常に高いというデータがあります
    • おな禁をすればペニスが大きくなる、肌が美しくなる、元気がみなぎるといったイメージが定着している

おな禁はペニス増大に影響しない

カルテを見ながら相談をする男女の医者

オナニーを止めることでペニスが大きくなるとの噂を耳にしたことがあるかもしれません。

しかし、それが事実なのか確かめるのは少し躊躇してしまいますよね。

今回、おな禁に関する噂やその信憑性について、さらに詳しく調査を行いました。

おな禁でペニスが大きくなる科学的根拠はない

おな禁を行うことでペニスが増大するという噂は広まっていますが、実際におな禁により劇的なペニスの増大が見られるとする決定的な科学的根拠は存在しません。

おな禁をすれば性欲が解消されずに勃起の頻度が増えるため、一時的にペニスが大きくなったり、元気になったように感じるかもしれません。しかし、これはペニスのサイズや勃起力が本質的に改善されているわけではなく、一過性の錯覚に過ぎないのです。

ペニスの成長は思春期まで

ペニスの成長期は一般的に思春期の16歳から17歳頃がピークとされ、その後は成長が止まることが多いです。

これは、身長に個人差があるのと同様に、ペニスの大きさも個々人で異なるためです。

また、ペニスサイズは思春期に多く分泌されるホルモン、特にテストステロンの影響を大きく受け、体が男性的に成長する過程で決まると言われています。

つまり、テストステロンの分泌量がペニスの成長において重要な役割を果たすのです。

噂やデマに惑わされないで

「オナニーをしすぎるとペニスが小さくなる」と聞いたことはありませんか?

結論から申し上げますと、オナニーがペニスサイズに影響を与えることはありません。

もしこの噂が本当だとしたら、頻繁にオナニーをするAV男優は全員ペニスが小さくなってしまい、業界から姿を消しているはずです。

このようなデマが広まる背景には、何か誤解を生むようなお話があったのかもしれません。

    • 「おな禁でペニスが大きくなる」という話もありますが、これを裏付ける確かな証拠は存在しません。
    • ペニスの成長は、一般的に思春期の16歳から17歳ごろにピークを迎え、その後はほとんど変わらないとされています。
    • 「オナニーをするとペニスが小さくなる」という噂が広まり、「おな禁」の信憑性に影響を与えている可能性があります。

おな禁をするとどう変化するのか?

感謝に親身に寄り添う医者

おな禁には賛否両論があり、関心を寄せる人が多いのは事実です。

おな禁が本当に効果的であれば、試してみたいと思う人も多いでしょう。

そこで今回は、おな禁を実践すると人にはどのような変化が現れるのか、様々な角度から調査してみましたので参考にしてください。

ペニスではなく睾丸が大きくなる理由

オナニーやセックスを控えると、精子が射精されずに睾丸に貯まります。

そのため、射精を我慢することで睾丸が一時的に大きくなることがあります。

ただし、長期間にわたり射精を避けることは精子の質の低下を引き起こす可能性があるため、適度に射精することが推奨されます。

一般的に、精子が体内で健康に維持できる期間は約3日とされています。この期間を超える前に放出することが望ましいと言えるでしょう。

性欲が増す人もいる

おな禁をしても、睾丸で精子が次々と作られたり、精力が爆発的に増えたりするわけではありません。

そのため、男性機能が使われない状態が続くと、男性ホルモンの分泌が減少し、性欲が低下する場合があります。

しかし一方で、逆に性欲が増す人もいます。自分の体調や気持ちに合わせて無理をせず、おな禁をコントロールすることが大切です。

テストステロンの分泌量が増加する可能性

一部の説では、おな禁を続けることでテストステロンの分泌量が減少し、男性機能に影響を与えるとも言われています。しかし、別の研究では、おな禁を行うことで筋肉がつきやすくなったというデータも報告されています。

これはテストステロン値の上昇が関連している可能性があります。

テストステロンは男性ホルモンの一種で、男性らしさを形成するために欠かせない重要な性ホルモンです。

  • おな禁を続けると精子が睾丸に溜まり、睾丸が一時的に大きくなることがある
  • おな禁の効果には個人差があり、性欲が増すケースや、全く効果が感じられない場合もある
  • おな禁によりテストステロンの分泌量が増加するという研究報告も存在する

おな禁の効果については、科学的に一貫した根拠が示されていないため、個人差が大きいです。しかし、過度のオナニーは睡眠の質の低下や中毒症状を引き起こすリスクがあるため控えるべきです。一方で、適度なオナニーはストレス解消、勃起力の維持、精子の質の向上など、様々なメリットがあるとも言われています。

TOP