ちんこに真珠は刑務所出身者が多い!?風俗嬢のリアルな感想と費用調査

男性器に真珠を入れるという行為を知っていますか?

「豚に真珠」ではなく「ちんこに真珠」とは、一見奇抜に思えるかもしれませんが、これは一部のクリニックで実際に行われている手術です。

かつては真珠そのものが使われていましたが、現在では医療用の特殊なボールが使用されています。

この行為が始まった背景や、現代での具体的な手術内容、費用について詳しく説明していきます。

また、ボディピアスのようにファッションの一部として楽しむ人もいます。

刑務所で「真珠ちんこ」は作られた!?

笑顔でこちらを見つめる医者

刑務所で「真珠ちんこ」を作ったなんて話を耳にしたことはありますか?実際、そのようなことがあったのでしょうか?

結論から言うと、かつて刑務所内で本当に「真珠ちんこ」を作る行為が流行した時期があったのです。

もちろん、現代ではそのような習慣は消えています。

なぜ過去にそのような行為が行われたのでしょうか?

性的欲求の処理が難しい刑務所内では、ちんこに真珠を入れるという異常な行為が自己満足や暇つぶしの一環として行われていたのです。

刑務所内では持ち込める物品が非常に限られています。

消毒もせず、メスや剃刀などの刃物もない状態で、ちんこを切り開いて真珠を埋め込むのは衛生的に非常に危険です。

中にはこの行為が原因でちんこが腫れ上がり、膿が出てしまう受刑者もいました。

そうなると、医務室送りになり、懲罰を受けることもしばしばあったのです。

ちなみに、ここでいう真珠とは本物のパールではなく、真珠のように丸く加工した小さな球状のものです。

刑務所内では二次犯罪や自殺を防止するため、流通させる物品が厳しく制限されています。

歯ブラシの柄を丸くするにはかなりの時間がかかりますが、娯楽が限られている刑務所ではこうした行為が一部の受刑者にとって最高の暇つぶしだったのでしょう。

意外なことに、いじめとしてではなく、自発的に「真珠ちんこ」を作る受刑者が多かったとされています。

限られたコミュニティで自己表現をするために、自らを強く見せる手段としてこのような行為に走ったのでしょうか。

この風習は今ではほとんど見られないと言われていますが、過去に刑務所経験のある40代以上の男性の中にはまだ少なからず存在するようです。

受刑者が全員、ちんこを見せて真珠の有無を確認される光景は、確かにシュールだったでしょう。

ちんこの真珠、今ではシリコンボールが主流だった

カルテを見ながら相談をする男女の医者

かつて「ちんこの真珠」といえば、玉状に成型された支給品のことを指していました。

しかし、現代では「真珠」ではなくシリコンボールをちんこに入れる方法が主流となっています。

そのため、ちんこに埋め込むものが真珠からシリコンボールへと変わっただけです。

ちんこに異物を埋め込む行為は、未だにアウトローなイメージが強いです。

ちんこに入れるシリコンボールの大きさは直径6~10ミリ程度とされています。

また、形状には丸い球型、楕円型、そしてミスタードーナツのポンデリングのようなリング型の三種類があります。

刑務所の中では、ちんこに真珠を入れる行為は一種の暇つぶしとして行われていましたが、現代においてはシリコンボールの挿入術が普及しています。

ただし、多くの症例を経験している医師は少ないのが実情です。

不慣れな医師による施術では、刑務所内で素人が行ったように、ちんこが化膿したり後遺症が残るケースもあります。

材料が歯ブラシの柄から作られた真珠であれシリコンボールであれ、ちんこにとっては異物であることに変わりありません。

ちなみには、シリコンボール1~3個の挿入施術費用は約5万~10万円程度で、シリコンリングの費用はおおよそ20万円前後が一般的です。

外科手術で保険適用外の治療としては割安とも言えます。

ブラックジャックのような法外な診療費を請求する医生なら、どのくらいの費用になるだろうと考えてしまいますね(笑)。

友人のM君は、真珠挿入が無理だと言いつつも、シリコンボールを投入した勇者です。

初見の女の子たちは驚くようですが、その後のエッチでの快感にハマってしまう子が多いとか。

友人M君の体験談や、シリコンボール挿入のメリット・デメリットについても詳しくまとめてみましたので、参考にしてみてください。

ちんこに真珠を入れる理由と方法!

感謝に親身に寄り添う医者

なぜちんこに真珠を入れるのか、その理由と方法についてご紹介します。

ちんこに真珠を入れる方法としては、刑務所内で行われていたものが有名です。これは多くの場合、暇つぶしや娯楽として行われていました。

一方で、ちんこを大きく見せたいという理由で真珠を入れることもあります。

真珠の突起部分が強調されるだけで、ちんこ全体が目立つわけではありませんが、見た目には迫力が増します。

さらに、女性を自分のちんこで満足させたいという理由から真珠を入れるケースもあります。

女性の反応には「新しい感覚で気持ち良い」という意見もあれば、「見た目が気持ち悪い」といった賛否両論があります。

刑務所でのちんこへの真珠挿入方法

実はもともとちんこに真珠を入れるのは、刑務所で行われていました。

まず、真珠と呼ばれる球状のものを用意します。(本物の真珠は手に入りにくいため、他の素材を利用)

具体的には、歯ブラシの柄を適当な大きさに折り、コンクリートなどの硬いもので削って丸くし、艶を出します。

真珠を作ったら、歯ブラシの柄をメスのように尖らせて、ちんこの皮を破り挿入します。

・・・かなり痛そうな方法ですが、実際に行われていました。

クリニックでのちんこへの真珠挿入方法

こちらも皮を切り開いて真珠を挿入する点は同じです。しかし、使用される素材はシリコン製のボールが主流です。

感染症のリスクを考慮し、安全な施術を受けるためには、特別な理由がない限りクリニックでの処置をお勧めします。

ちんこに真珠を入れる利点と欠点!

夫婦の相談に丁寧に応える医者

ちんこに真珠を入れることで得られる利点や欠点にはどのようなものがあるのでしょうか。

一見すると自己満足の要素が強いようにも思えますが、現実には真珠を入れている男性たちにとって何らかの効果があるのでしょうか。

ここでは、ちんこ真珠の利点と欠点をいくつか挙げてみましょう。

ちんこ真珠のメリット

ちんこ真珠のメリット①:自身への自信向上

ちんこに真珠を入れることで、自分の男性器に対する自信が大きく増します。この自信がセックスにおける満足感を高めることにもつながります。

ただし、真珠の入れ方によっては健康リスクがあるため、慎重さが必要です。

ちんこ真珠のメリット②:特定の女性に魅力的

ちんこ真珠は、一部の大胆な女性にとって非常に魅力的です。あなたが独自の体験を試みた結果、真珠を入れたことで興味を持ってくれる女性もいるでしょう。

その努力が報われる時、あなたの自信はさらに増すはずです。

ちんこ真珠のメリット③:意外性の演出

見た目が比較的大人しい男性が、実はちんこに真珠を入れているとしたら… 女性にはそのギャップが非常に魅力に映ることがあります。

この意外性は、セックスだけではなく、全体的な魅力を引き上げることでしょう。

以上のように、ちんこ真珠のメリットをいくつか挙げましたが、他にも女性の快感を促進する点が特長です。

例えば、アダルトグッズの市場ではパール入りのアイテムが人気です。それらの商品を積極的に選ぶ女性にとっては、真珠ちんこも同様に快感を提供できる可能性が高いです。

もちろん、すべての女性が同じように感じるわけではないので、その点には注意が必要です。

ちんこ真珠は、新たな快感を女性にもたらすことができる可能性を秘めていますが、それを試みる勇気が必要です。

僕自身、コックリングから試して、次にペニスサックを使用しています。ペニスサックは両方の効果と見た目が強烈であり、真珠を入れるのが難しいと感じる方にもおすすめです。

実際の使用感や効果について詳しく書いていますので、ご参考にどうぞ。

ちんこ真珠のデメリット

ちんこ真珠のデメリット①挿入時に女性が痛みを感じる可能性が高い

初めて見ると珍しい真珠ちんこに驚くかもしれません。

しかし、女性側としては痛みを感じたり、見た目がグロテスクと感じたりすることが多いため、引いてしまうケースが少なくありません。

デメリットに気づかず、真珠を入れたままにしている方もいるかもしれません。

ちんこ真珠のデメリット②風俗店でサービスを断られる可能性がある

風俗店には、男性器に異常が見られる場合、サービスを提供しないルールがあります。

これは性感染症予防のためであり、風俗嬢の女性器を傷つけるリスクを避けるためです。

真珠ちんこのせいで膣内が傷つき、女性が痛みを感じると仕事を休まざるを得なくなり、営業妨害になります。

ちんこに真珠が入っていてサービスを断られると、せっかくの楽しみも失われてしまいますね。

ちんこ真珠のデメリット③レントゲンに映り込む

ちんこ真珠はレントゲンに映り込んでしまうため、病院では恥ずかしい思いをするかもしれません。

医師は冷静な対応をしてくれるでしょうが、裏で看護師が話題にしていることも考えられます。

ちんこ真珠のデメリット④後悔することが多い

女性からは「痛い」「気持ち悪い」「ありえない」と思われることが多いため、その結果デメリットしか感じられないかもしれません。

そのため大きな後悔をすることが多いでしょう。もし外科でちんこ真珠の取り出し手術を受けることになれば、さらなる痛みが伴います。

ちんこ真珠のメリットとデメリットについてお伝えしましたが、同じくインパクトが強いのがピアスです。

ペニスにピアスを入れるのは、真珠とは異なり本人が気持ちよく感じる特徴があります。詳しく知りたい方は、ぜひ参照してください。

風俗嬢に直撃調査!ちんこに真珠を入れているお客様っているの?

パソコン資料を見ながら上司の医者が部下の医者に教えている

ちんこに真珠を入れているお客様はどれくらいの割合で存在しているのか、風俗嬢に直接インタビューしてみました。

風俗嬢たちから寄せられた意見は様々ですが、多くの風俗嬢は真珠を入れたちんこに対してあまり好感を持っていないようです。

これは男性にとって辛い回答かもしれません。

プレイを楽しむためには、ちんこに余計な細工を施さないのが無難なようです。

もし風俗通いが趣味で、ちんこに真珠を入れることを考えているなら、お気に入りの風俗嬢に嫌われないように、そのアイデアは諦めたほうが良いでしょう。

風俗嬢に喜ばれたい、気に入られたいというなら、シンプルにセックステクニックを磨くのが一番です。

ペニスで自在に女性を中イキさせられれば、素人女性も風俗嬢もあなたの虜になるでしょう。

私や友人が実際に実践しているペニスでの中イキのテクニックを詳しくまとめてみました。ぜひチェックしてみてください。

ちんこの真珠、実はボディピアス代わり!?

腕組みする男性医者とガッツポーズでこちらを励ます女性医者

ちんこに真珠を入れる行為を、まるで一つのファッションとして楽しんでいる男性も存在します。

タトゥーやボディピアスが現代で一般的になっている今、そのような行為もある程度受け入れられているのかもしれません。

では実際のところはどうなのでしょうか。

普段人目に触れないちんこに真珠を埋め込み、装飾することで興奮を覚える人もいるのかもしれません。

しかし、ボディピアスと比べると、真珠を入れる行為はファッションという概念からは少し外れるため、周囲からの理解を得るのは難しいようです。

真珠ちんことなると、非常にリスクが高い施術であり、一方でちんこにボディピアスを開ける行為は比較的敷居が低いです。

ただ、ちんこにボディピアスを開けるのは一歩進んだ行為であるため、まずは他の部位でボディピアスを試してみるのが良いでしょう。

ちんこにボディピアスを開ける際には、感染症や化膿のリスクが大きいため、必ず衛生面に注意し、専門の医療機関での施術を行うことが重要です。

女性ウケについては、真珠ちんこもボディピアスもちょっとした意見の分かれるところであり、慎重な判断が求められます。

ちんこに真珠を入れる費用と取る費用

窓の外をみながら考え事をする男性医者とそれを見つめる女性医者

ちんこに真珠を入れるための費用は、クリニックや挿入する真珠のタイプによって異なります。

真珠の種類は大きく分けて球型、楕円型、シリコンリング型の3種類があります。

球型の真珠は大きく突出し、ちんこを大きく見せる効果がありますが、強い刺激をもたらすため痛みを感じる場合が多いです。

楕円型の真珠は突出度が控えめで、ちんこを大きく見せる効果は球型ほどではありませんが、痛みや恐怖心を和らげることができます。

シリコンリング型は究極の効果を提供するとされていますが、費用が高く、一般的にはあまり普及していません。シリコンリングを挿入する費用は通常20万円前後です。

手作りの真珠を自己挿入する場合、費用はかからないものの、衛生面で大きなリスクがあります。

クリニックでの真珠挿入後は、飲酒・喫煙・入浴・性行為が一定期間制限されることがあります。

一方で、ちんこに挿入した真珠を取り除く費用も気になるところです。

取り除き方はちんこを切開して真珠を取り出し、縫合する手順が一般的です。この方法は傷跡が残るデメリットがあります。

多くのクリニックでは、真珠を取る費用に加えて局所麻酔の料金が別途かかるので、事前に確認が必要です。

ちんこに真珠を入れる費用、取る費用のいずれも、それなりのコストがかかる手術であることに注意が必要です。

ちんこに真珠を入れないほうが良い理由まとめ

病院の屋上で景色を見る男女の医者

ちんこに真珠を入れる行為について詳しく調べてみると、これは自己満足に過ぎない場合が多いことが分かります。

衛生面のリスクや女性からの反応を考えると、自然なままのちんこで勝負する方が賢明です。

もしどうしても試してみたいのであれば、必ず信頼できるクリニックで安全に施術を受けることが重要です。

まずは、コックリングやペニスサックなどの選択肢も試してみることをおすすめします。

いずれにしても、ちんこに真珠を入れる行為は自己満足と自己責任の範疇です。十分に吟味してから決断を下しましょう!

TOP